【大評判】口コミ体験談で人気のお取り寄せの通販|ココカラで購入を!

【口コミ】デートの時は男性がおごる?おごらないのかを聞いた!

手を繋いでいるカップル

デートの時は男性がおごる?おごらない?
聞いた結果は!

デートの時は男性がおごる?おごらない?

デートの時は男性がおごる?おごらないのかを知りたい方はコチラも参考になりますよ~ここでは口コミ体験談などでデートの時は男性がおごる?おごらないかを集めてみました♪

色々と意見があり賛否両論がありますが、全員が男性におごってもらいたいってわけではなさそうですし、男性の方でも時にはおごって欲しい!なんて思っていらっしゃる方もいらっしゃいますね。

知っておいて損はない口コミ情報ですので、みんなのデータをチェックしたい方は参考にしてみてくださいね♪きっと次回のデートのためのいいヒントがみつかるはずですよ!

男性はおごるべし!

女性とご飯に行ったら絶対におごります。理由は女性は化粧をするなど男性以上に人と会う際にお金と労力を要しているからです。そういう部分を考えられる男こそ女性から信頼を得ることができます。正直割り勘とか考えられません。

でも人によっては奢られると気を使うという女性もいるので、そういう時は小さな金額のお店ではだしてもらうなどバランスを取るのもいいかなと思います。

男性がおごって当然

付き合っている2人私は女性なので、男性にはおごってもらいたいです。理由は、私はケチな男性が嫌いだからです。

でも、「男性がおごって当然」という姿勢の男性には、逆に私がおごることにも全く抵抗はありません。おごるか迷ったり割り勘にしようとする男性には、おごってもらいたいですが、そんな人とは二度目はありません。

どっちが得か考える

私はおごられたい派です。タダでご飯が食べられるならその方がいいです。でもそのことで相手が後から偉そうな態度をとるような人だったり、あの時おごったよね、のような言い方をするような人だったら絶対に自分も出します。

出してもらって当然とは思いませんし、そう思ったらダメだとも感じています。ですのでごちそうしてもらったら何かで返すという事を忘れないようにしています。

デートの時にはおごるかどうか

デートの時、原則としては男性である私がおごります。付き合っている間柄であればどちらでもいいですが、その前段階なら男が払うべきであると考えているからです。その理由は、やはり男は女性をリードしなければならない存在だからです。

本当に相手と親密になりたいのであれば、絶対に女性に払わせてはいけません。でもそれに黙って、甘えてきて当然のようにしている女性はどうかと思います。感謝の気持ちがあるならば誠実な人柄だとわかりますので、それを試す意味でも奢るのはいいことだと思います。

基本は割り勘で良いと思うのですが、おごられたいのはこんな時!

女性です。いつもおごられたいわけではなく、おごられたい時は次の2パターンです。まず一つ目は、私に関する祝い事の時です。誕生日や何かを頑張って成果が出た時に一緒にお祝いしようよとデートに誘ってもらった時などはやっぱりごちそうしてほしいです。

もう一つは、いわゆる高級店で食事をした時です。何だか申し訳ない気持ちも無いわけではないですが男気をみせて「ここは自分が!」とスマートに支払いを済ませて欲しいです。その日の他の出費は私が持ちちますからスマートにして!って思います。

おごられたい

断然おごられたい派です。そっち方が得だし否定する要素は何もないですよね。でもかわいい子とかタイプの子だったらお金出してでも一緒にご飯行ってほしいなとも思っている自分がいるのも事実です。

楽しい時間だったらこっちもそれなりのお返しをしたいし、そんな感じで上手にお互いできる事を行ってまたこの人とデートに行きたいなって思ってほしいです。

私は女ですが奢られたくはないです

私は絶対奢りは反対派です。よく女は男に奢らすのは当たり前な女子がいますがなぜそう思うのか不思議でたまりません。むしろ奢ってもらって借りを作るほうが嫌です。

割り勘の方が気持ちの面でも好きな物を食べることができますし、男性の方も次また誘おうかなと思ってもらえる女性になりたいなと私は思います。

アラフォー女が回答します。

食事をしているカップル女性です、勿論おごられたいです。理由は…そもそも私自身が多感な思春期の年齢の頃に、バブル期の絶頂期でして…その頃、今となってやもはや死語だと思われるアッシー君やメッシー君やミツグ君という言葉が流行ったくらいです。

今は男女平等で割り勘は当たり前という風潮なので、人前ではとてもそんな事は言えませんけれど、本音は…デートでは男性にエスコートしてもらって、おごられていい気分を味わいたいです。
バブル期脳のままですみませーん。

私は男性です。奢りのタイミング!

一緒にお食事をしたら、オーダーが全て終わりかなと見計らって、気のある女性なら女性がお手洗いに行った時に見計らってこちらでお会計を済ませてしまいます。

意外と喜ばれますから大抵いつもやってしまいます。それでも半分払うよと言う女性もいますがなるべく奢ります。いかにスマートにできるかが自分なりのポイントです。

おごられる以外にない

男性にはおごられたいです。女性同士の付き合いでも普通は誘った方がおごるものですから、相手が男性ならば尚更です。もしも女性が支払ったりしたら、男性に恥をかかせてしまいます。ですから女性はおごられる以外の選択肢はないと思います。

食後の財布マナー

デートなどをして終わった際、私は最初はおごられたいです。そうすることで、男性のプライドを守ることができると思うからです。ですが、二回目からは、全額相手に出させてしまうと、負担になってしまうのも困るので、少ない額や半額を出すなどして、相手よりも少し少ないくらいの額を支払います。その理由は男性のメンツを守れると思うからです。おごられたいけど、相手に負担がかかるのであれば、少しでも支払いをして楽しくデートしたいです。

初回は奢って欲しいです。

私は初回のデートのみ、奢って欲しいです。理由は、初めから割り勘などにされると、もしかしたら相手に嫌われているのかな?と不安に思ってしまうからです。また、初回のデートで奢ってもらえると、また会って欲しいと思ってくれているのかなと思えるからです。二回目以降は自分が食べた分だけ支払うか、割り勘で大丈夫です。

デートの奢り・奢られについて

私の場合、一緒に食事に行った相手次第です。相手が上司や年上の方、彼氏などの場合は相手をたてる意味でもお言葉に甘える場合もありますが、基本的に一度はお断りしお財布を出します。それでも「いいからいいから」と言われた場合はご厚意に甘えます。友人の場合や初めて食事に行った知人などの場合は割り勘の方が気持ちが楽です。

男性です。奢りでも構いません。

但し、女性から先に奢りなら食事一緒に行こうよと言われるとがっかりします。何故なら、食事だけが目的な訳ですからはっきり言って食事に行く意味が無いと思います。お会計の時に、女性から出そうとしたら私なら奢ります

誕生日には奢って欲しいです。

基本的に奢って欲しいという気持ちはないですが初回のデートと、私の誕生日には全て奢ってもらえたら、ものすごく嬉しいです。誕生日に奢ってもらえないと、自分は大事にされていないのだと強く感じてしまうからです。自分ばかりが奢ってもらうのではなく、私も相手の誕生日には全て奢ります。

基本的に男性が奢るものだと思います

私は個人的には、男性が奢るべきかなと思います。男なんだし見栄張ってナンボでしょ!と思いますし、割り勘とかチマチマした感じがするような気がします。とは言え、懐具合が厳しい時もあると思うので、そういう時は無理せず、出来る範囲のデートコースにするか、「今お金があまりなくて..」と正直に話した方が爽やかで良いと思いますよ!

デートでは、男性に少し多く払ってもらいたいです。

正直に言えば、デートなら男性におごってもらいたいというのが本音です。彼が自分を大切に思ってくれているという実感が沸くからです。しかし、あまりに高価なレストランだったら逆に恐縮してしまいます。なので、少し男性に多く払ってもらえるくらいがちょうどよいかなと思います。

デートの時におごるかおごらないかについて

付き合っているのと結婚しているの、また付き合う前ではデートの時におごるかおごらないかの価値観は変わってくると思います。付き合う前から結婚するまではやはり男性が基本的に支払いは済ませるべきだと考えます。男尊女卑という考え方というよりも、男性が女性にどう見られたいかということだと思います。例え女性の方が収入が多かったとしても、支払いをしようとしない男性は女性にとって頼りのある男にみられることはないと思います。そして結婚してからの支払いについては、結婚後は収支は家族で管理されるものに変わります。どちらが収支を管理しているかで女性が支払うのか男性が支払うのかが変わります。結婚後もよい関係を続けていく為には、どちらが支払うかよりもどのように管理するかが大事になると思います。

最初は気前良かったです。

つき合い初めの頃は、鰻やお寿司を気前よく奢ってくれてましたが、段々と店のレベルもファミレスとかラーメン屋さんとかになりだしました。支払いも最初は奢ってくれてましたが、給料前とかになると、後から返すからとか言い出し私が払うことになることも増えました。


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。


同ジャンル・関連ページ