【大評判】口コミ体験談で人気のお取り寄せの通販|ココカラで購入を!

お見合いのプロフィールと違う!顔写真とのギャップが激しい!

バツ印の女性

顔写真とのギャップが激しい!
お見合いのプロフィールと違う!

お見合いのプロフィールと違う!

「お見合いのプロフィールと本当は違った!」とか、「顔写真と実物とのギャップが激しい!」なんて思われる方も沢山いらっしゃるそうですね。確かにお見合いや合コンなどで顔の画像を思いっきり変えたり、すごくカッコイイように見せて送るという方もいます。

もちろんそれも一つのテクニックではあるものの、実際に会ってみて「がっかり」というパターンも少なくないと思います。ですからどれくらいそうした技法を用いるかは一つの成功のカギともいえるでしょう。

では、今回は口コミ体験談でそれらの文章を沢山集めましたので、無条件に笑いたい方や将来の参考にしたいという方もぜひご覧になってください。まあ個人的には写真やプロフィールは、あまりにもギャップをつけすぎないようにするのが大事だと思いますけどね。

サイコパス?怒鳴り続ける父親を持つ息子

私30代後半の女性です。相手も同年代でした。近所の方からの紹介で、相手の父親と知り合いとのことで紹介されました。父親はしっかりした人らしいです。釣書からは普通の会社員という印象だし、実際のお見合いでも話しもはずみました。しかし、数日後断りの電話がかかってきました。

相手の男性の弱々しい声の背後で、尋常ではない父親の怒号が聞こえます。父親に完全にコントロールされていることが判明しました。失礼な電話に怒りたいけど、こんな父親を持つ彼に同情しました。こちらもお断りしてよかったんだと思います。

友達の紹介で

以前友達のインスタグラムに可愛い女の子の写真が掲載されていて、その友達に会ったときにその写真の事を訪ねると、私に紹介してくれることになりました。後日会ってみると写真とまるで別人の人が現れました。

後日そのことへの不満を伝えると、その友達曰く「Snow(アプリ)で相当盛れてた」とのことでガッカリしました。最近は写真アプリとかで簡単に加工できるので写真はあまり参考にならないですね。

えー!話が違う!!

彼氏のいないわたしに職場の上司が、「結婚相手にぴったりの人がいるから会わせたい」と紹介してくれることになりました。見た目は普通という感じだけど仕事が出来て優しくてお勧めだという事だったので、実際に会ってみることになりました。

会ってみると、髪がぼさぼさの小太りのおじさんでした…。お茶だけして即失礼させてもらいました。

修正?

今やプリクラなどで顔写真の修正(目ぱっちり、肌きれい等)は、当たり前なのでしょうが、私が若かりし頃はまだ写真もデジタルではありませんでしたから、修正って選挙のポスターくらいだと思ってました。

ところが親戚から来たお見合い写真の男性なんですが、写真上は顔のお肌はごく普通にうつってましたが、実際にお会いしたら超あばた顔で思わず2度見してしまいました。

これって修正ですよね?でもお見合い写真って修整するのが普通みたいですね。やっぱり最初のインパクトが大切ですからね。

結婚相談所で出会った人

結婚相談所で様々な条件がマッチした人がいました。とんとん拍子に話は進みいざお見合いとなって待ち合わせしたところ、壊滅的なセンスの私服で相手が現れテンションがだだ下がり…。結婚相談所に登録されていたプロフィール写真とあまりに違いすぎてフェードアウトしてしまいました。

居酒屋のお客さんに友達を紹介されたら断りにくい

小さい居酒屋を一人でやっています。居酒屋といっても料理はこじんまりとしたものばかりで、ほとんどBarのような感覚です。カウンター越しにお客さんとお話しすることが仕事のメインになります。

それなので、飲食店でカウンターにいると女性を紹介されることが多いのですが、仕事上これが断りにくいんです。常連さんの紹介だとさすがに断ることもできなくなり、「とりあえず、付き合って見よう」ってなるんですよね。まぁいい所あるかもしれませんしね。

でも正直な所大体はだめです、こんな仕事ですから時間も話題もなかなか相手と合わないんですね。そんなあきらめをもちつつ「こんど友達と会ってよ」といわれ、まあ会って見るんですが、すっごい無口な人でした。

何をしゃべっても「・・・はい」ぐらいしか言わないんで、ああ嫌われたかな?と思ったんです。で、常連さんの手前連絡先を聞いて、何回かデートしたら自然消滅するかなあ?って思っていたら、こんどその人と結婚することになりました。

いまだ無口なんですが、たまに話題がヒットすると結構しゃべってくれるんです。それがすごくうれしくなっちゃったんですね。まあ、お互いがお互いの穴を埋めるような関係ですが、最初の印象だけでは決められないってことですね。

友達からの紹介の女の子

同級生の友達に女の子を紹介された時の話です。友達に聞いてたのは彼氏募集中の女の子がいるから会ってみてと言われていました。その子の簡単なプロフィールを聞く限りでは良いと思っていたのですが会ってみるとかなり違ってました。

女の子の言う綺麗や美しいはかなり男性の感覚とは違うんだなと思いました。やっぱり同じ男性から見た意見の方が容姿に関しては信頼できるなと思います。

写真は写真

私はお見合い相手の写真を見たときに、その人が大好きな芸能人に似ていたので、驚いたし喜んでいました。でも実際に会ってみると、笑えるぐらい全然似ていなかったです。

期待が大きかっただけにひどく落ち込んでしまいました。写真というものは、写りが良くても悪くてもダメですね。会ってみないと分からない真実の姿があるんだなと思いました。私もあまり写真を盛りすぎないように気を付けたいと思いました。会ってからがっかりされるのってイヤですもんね。

優しい人

友達の紹介で「優しくていい人だよ」と紹介してもらった人がいたのですが、話しをしていても特に分からなかったのですが、車の運転をしているときは別人に変わるようで、びっくり。運転は荒いし、ほかの車が入ってくると文句は言うし。友達も知らなかったと思いますが、あまりの変わりっぷりにびっくりしました。

私に合う人

以前付き合っていた彼氏と結婚寸前に一度お別れすることになり、傷ついていた私に友人が紹介してくれた男性の話です。友人曰く、すっごくおすすめ!きっと合うと思う!って話だったので多少は期待していたんですが、現れたのは一昔前のヤンキーみたいな男性・・・。私に合うって言ってなかったっけ?ちなみに私、JAZZや洋楽が好きなんですが、その男性になんと広瀬香美のCDをプレゼントされてしまいました。友人はどの辺が私に合うと思ったのか・・・・(笑)

セカンドバックの男

お友達の紹介である男性とデートしようと後楽園遊園地で待ち合わせしました。お友達から写真を見せてもらった時はスーツ姿でしたし、素敵な男性に見えたのですが、いざ待ち合わせになりましたところ、まだ若いのにダサいファッションとセカンドバックで現れ、ジェットコースターに乗った際も、ウォーーーという声もなんだか気持ち悪くて、おつきあいをお断りさせていただきました。

空気を読んで欲しかった

学生の時にmixiで出会った男性がいました。メール交換もそれなりに回数、日数を重ねていきました。連絡もマメで、写真を見るかぎりは変な人だとは思いませんでした。ある日、私がバイト中のカラオケ店に行くとの連絡がありました。私はてっきりお客さんとしてかと思っていましたが、ただたんに私を見に来ただけでした。忙しい時間に話かけられ、正直迷惑でした。会いにきてくれた行動力は認めますが、その場の雰囲気を感じとれない人は嫌だと思いました。

写メ詐欺

とあるSNSアプリで仲良くなった人と電話番号を交換するとすぐに会うことになりました。計画して待ち合わせをすると時間になっても来ませんでした。15分経っても来ないため電話をしてみると横で全く見覚えのない女性が電話に出てようやく写メ詐欺にあっていることに気付きました。

写メと違う!

かつてアルバイトをしていた頃、後輩の女の子がフリーの子を紹介してくれると言うので、一応写メを見せてもらったら、ほっそりして可愛い子だったんです。喜んでOKしウキウキしてたら、実際に会うと3割増ぐらいでぽっちゃりした子でした…「奇跡の一枚」という奴にまんまと引っ掛かってしまいました。

友達の紹介で会ってみたら全然印象が違っていた

友達の紹介を受けて会ってみたら、聞いていた性格や写真とは全然印象が違っていて期待していた気持ちがすぐ絶望に変わりました。写真なら最近だとスマホアプリで色々加工できるし、会う前から過度な期待してもいいことはないと悟りました。

友達に紹介された彼は印象が全く違いました。

大学時代に友達から紹介された彼は会ってみたら全く印象が違いました。写真や簡単なプロフィールを教えてもらい会うことにしました。薬学部でかっこいい系だと聞いていましたが、実際はブランドものに身を固めたチャラ男でした。しかもナヨナヨしており、2度と会うことはありませんでした。

恋人のプライオリティが低い人

「同性の友達を大切にするみんなに好かれる人」だという紹介で、友人の先輩にお会いしたことがあります。異性に媚びることなく同性に愛されることはなかなか狙ってできないと思いますし、さぞ魅力的なんだろうと楽しみにしていました。しかし実際蓋を開けて付き合ってみると、恋人のプライオリティが非常に低いというだけで結婚には向かない人でした。


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。


同ジャンル・関連ページ