年金が少ない悩み等の高齢者の生活の話は口コミを参考に!

年金が少ない悩みは口コミで!

妻の国民年金と合わせて年間300万円ほど支給されています。月々の生活費に換算すると25万円ほどになるわけですが、日常生活費としては十分なレベルです。ただやはり予備資金として、例えば年に数回の旅行だとか、孫に使いたい資金だとかの出どころが限られるわけで、そこは自己資金の蓄えを取り崩すことになると考えると若干の不安も生じます。少ないといえば少ないが、それを言い出すときりのない話であり、つつましく暮らす分には、日本の年金制度は捨てたもんではないのかなぁと他国と比較した時に感じます。

年金が少ないと定期的に支払う物の支払いが心配になる

年金額が少ないと定期的に支払う物の支払いが心配にんてえきます。特に年1回で支払う額がおおきなものだとその支払いのために金額を確保しなければならないので、毎月の支出に気をつけなければならないのです。年金以外にも収入があるのですが、年1回の支払いに備えなくてはならないので、それも使えずどのようにその金額を保っていかなければと思うとあまり、無駄な支出はできなくなってしまいます。

繰り上げ年金について

60歳で関節リウマチになってしまい、60歳になった時に定年退職しました。その後一年半傷病手当金をもらっていましたがそれも期限が切れてしまいました。その後5ケ月間失業手当をもらっていましたが、それもきれました。関節リウマチは良くならず働く事が出来ないので悩んだ末、繰り上げ年金をもらう方法をえらびました。62歳からもらうようにしましたが、繰り上げをすると月に0.5%とずつ減額になります。現在月約15万円弱ですが、何とか生活しています。

年金の受給金額が少なく生活が苦しい私の悩み

66歳の一人暮らしの男性です。年金の受給金額が少なくて悩んでいます。年金は2ヶ月に一回の支給で13万円ほどです。知り合いの女性は22万円ほどとのことで羨ましい限りです。月に直すと65000円ということになります。これだけではどうにも生活が成り立ちません。私は若い頃に体調を崩して会社員の時代が少なかったため、今になってツケがまわってきた感じです。この大きな差には後悔しております。今現在は自営業でのわずかばかりある収入で補っている状態です。生活レベルを上げるには今の仕事での収入を増やす以外にないのが現状です。非常に困っています。

年金額を試算してみて、がっかり

年金がもらえる年齢が段々と近づいてきました。それで3年後にもらえるはずの部分年金を試算してみると、年額で855,000円。月額にすると71,250円ということですか。夢のような額を期待していたわけではありませんが、それにしても少ない。今払っている家賃の半額程度です。幸い、今は妻が働いていてそこそこの収入がありますので、急に家賃に困ることはないでしょうが、それも一生安泰なわけではありません。いずれは、妻も年金生活に入るわけですからね。

人生80年と言われています。一説では、定年後の老後の生活に必要な資金は3千万円だそうですね。私は、どうやって、その資金を得れば良いのでしょう。今からでも手に職をつけるのがいいのかなと考えています。

免除の年も多いし…

毎月の給与が少ないため、年金は基本的に毎年全額免除になっていますので、将来もらえる金額も当然ですが、めっちゃ少ないです。計算すると絶望感を感じるほどです。恐らく歳をとってからも働き続けないとダメなんだろうなと、既に諦めています。それに備えて健康だけは保てるようにと考えています。

しょうもない事でお金を大きく減らす事だけはしたくないので、投資の話などを親族からされることもあるのですが、そうした儲け話にはのらないようにしています。自分の性格を考えてコツコツ倹約して備えるようにしています。

どう考えてみても破綻か

物事はなるべく楽観的に考えるようにしていますが、日本の人口統計や国債の発行額などをみると、悲観的な観測しかできないですよね。年金もこれから対象年齢がさらに引き上げられるでしょうし、支給額も少なくなるのは間違いないでしょう。

最悪のケースでは破綻する事さえ考えないといけないでしょうね。どうやっても今の社会体制では無理があると思います。でも根本的な解決策は難しいと言わざるを得ません。劇的に出生率が改善していくくらいしかないですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です