【大評判】口コミ体験談で人気のお取り寄せの通販|ココカラで購入を!

【人間関係の悩み】友達を作る方法は?友達がいない悩みを解決!

友達を作る沢山の方法を学んで人間関係の悩みを一気に解決!

友達を作る方法は!?

友達を作る方法って何かな?とか自分には何が足りないのかな?なんて悩まれる方もいらっしゃいますよね。

友達が普通の人よりもいない!少ない!と思われる方は性格に大きな原因があって、人間関係がうまくいかないなんてことも考えられますよね。

周りを見たら通常は人間ばかりですし、仕事に行っても、家庭に戻っても、友達と遊びに行く際も、何度も言いますが人間ばかりなので、心の勉強をすることが大切って事が分かりますよね♪

ですので、ここでは友達を沢山作るために何が大切か?どこを直せば人間関係で悩むことが少なるかなどをしっかり学んでいってくださいね。

人間関係でお悩みの方に♪

人間関係でお悩みの方は先ほど言った通り、原因があるかもしれません。

例えば、恥をかきたくない!恰好をつけたい!色々な人に良いようにみられたい!など見栄っ張りの部分が原因して色々な人に嫌われる・・・なんて方がいらっしゃいます。

でもそんなの当たり前ジャン!なんて思っていらっしゃる方もいらっしゃいますが、そうではありません。

仮に俺は〇〇なんだぜ!とか言って、その話した相手が、いやいや俺なんて更に〇〇なんだぜ!等々お互いに恰好つけたがりで、負けず嫌いだった場合、その人とギクシャク・・・なんてこともあります。

でも、逆にその人も馬鹿な事を言って笑わせてくれる。そして自分も洗いざらい性格をさらけ出し、冗談ばかり言って和やかな雰囲気が長い時間続くようでしたら、一生その方と仲良くいられる…なんて事も考えられます。

ですので、恥をかきたくない→恥をかく。恰好をつける→恰好をつけないと、逆の考え方をしていくだけで、人脈が段々増えていき、それに加えて礼儀作法を学ぶと、常識がある素晴らしい人脈が増えていくと思います。

それでは、下記にそのほかにも友達を増やすための方法などの口コミ体験談を集めさせて頂きましたので、今後の人生の参考にして頂けたらと思います。

昔みたいに友達を

学生の頃は、遊ぶ友達がいたのですが社会人になってからはなかなか新しい友達ができなくなりました。

仕事場でもやっぱり友達というより仕事仲間としか思えなく、昔みたいに友達ほしいなぁと思うようになったのですがやっぱりなかなかできないです。

で、学生の頃はどうやって友達を作っていたのか考えてみました。

学生の頃は『携帯の番号教えて』みたいな事から始まってそこからなかなか学校では話せないことなどをメールでやりとりしていました。

そこから今度遊ぼうとなり仲良く遊ぶ友達ができ、その友達からの友達も遊び輪が広がっていったのです。

しかし、社会人になって同じような事でなかなか遊ぶ友達ができないのです。

大きく変わったのが家庭を持っている人が多くなかなか遊びにいくって機会が持てなくなったからです。

自分も家庭はあるのですがやっぱり遊ぶ友達が欲しいと思い、なかなか自分では恥ずかしくてこうゆう気持ちを持っていることを話す事ができないのですが、思いきって休み時間に話てみたらその人もたまたまなのかどうかはわからないのですが、同じ気持ちだったらしく今度遊ぶ約束をしました。

そこから何度か飲みにいったり、家族同士で遊んだりとするような仲間ができました。

一番思ったのが勇気が大切だと思います。

友達欲しいと思うだけでなく、自分から勇気を出して何でもいいから話す事の大切さが友達を作るポイントなのかなぁと自分は感じています。

大事なのは行動力と笑顔

私には学生時代の友達がとても少ないです。とくに中学時代。友達なんて3人ほど。

なかなか人の会話に入っていけない自分を正当化して、私は気の合う友達数人と狭く深い付き合いがしたいからこれで大丈夫と思うようにしていました。

友達が確実に多くなったのは、大人になってからです。

元々音楽が好きだったことがキッカケで、ライブハウスに通うようになりました。

そこで出会ったひとつのバンド。

付き合ってくれる人もいないけれど、どうしても生で彼らの音が聞きたいと思いました。

私は勇気を出して、1人で彼らのライブに行くことにしました。

最初は1人であることが寂しいし、怖かったですが、やはり彼らの演奏は素晴らしく、いつの間にか笑顔になっていました。

そんな時に、周りのファンの方が、話しかけてくれたのです。

同じ音楽が好きな方なので、話も合い、すぐに仲良くなれました。

その時はじめて自分がいつも他人を怖がって、ムスッとした顔をしていたこと、話しかけられても警戒心剥き出しで対応をしていたことに気付きました。

それからは、なるべく笑顔でいることを心がけるようになりました。

また、行きたい場所へはなるべく行くということも、心がけています。

こんな臆病だったわたしにも出来ること

思春期に友人が少ない、それってきっと自分だけじゃないんですよね。

私も今まで生きてきて友人が少なく、一緒にいて心底楽しいと思える友人がいませんでした。

いろんなことに不器用な私は、どうしたらこの悩みを解決できるかなんて考えもしませんでした。

考えても仕方ないと思ったので。大人になるにつれて気づくしかなかったんです。

そう、大人になった私は、今とてもたくさんの友人に囲まれ楽しい時間を過ごしています。

人見知りで臆病で、言いたいこともはっきり言えないような人間だった私は、ひょんなことから接客業につくことになり、お客様と話すうちに自分はこんな考えなのに同じ事柄でもこの人はこう考えるんだって学びました。

それが以外にも楽しくて、その頃からプライベートでも話しかけられたことに積極的に返したり、躊躇したけどしっかり相手を見て話したり、逆に質問を投げかけたりしました。

初めはうまくいかないし、やはり仕事とは違うなと思いましたが、自分が閉ざしてる心を誰が見ようとします?

すごく魅力的な人間にならなければまず注目を浴びることはありません。

自分から自分をさらけ出すのは勇気がいるけど、やってみるのもひとつの手です。私はそうして今があるんですから。

多くの人と交流する

友人関係になるのは、ちょっとしたきっかけだったりします。

たまたま一緒に作業をしたり、食事をして話すようになった、様々な話をしているうちに仲良くなったという感じです。

基本的に似たような人同士が友達になることが多いのではないでしょうか。

人間なので全く同じ人はいませんが、その中でも自分と似た感じの人と仲良くなると思います。

性格だったり共通の趣味を持っている人とくっつきます。もしくは話しやすい人ですね。

一緒にいて話が盛り上がる人とは高確率で友人関係になります。

そのためには多くの人と話すことが大事でしょう。

学生ならばクラブやサークルに入る、社会人ならセミナーなど異業種の人と交流する場に行く、心を開いて話しやすい雰囲気を出していたら、人は寄ってきます。

異性だけでなく同性でも少ない時は…

同性にも異性にも友達、知り合いが少ないという方はかなり問題かと思われます。

恋愛を考える前に、まず人の心を理解して、他人といかに上手く付き合っていくかの努力をしてから恋愛をしていくと、恋愛が思った以上にスムーズに行くかもしれませんね。

人の心を読む訓練を忘れないように心掛けて、失敗と反省を繰り返し人間関係でも向上していきましょう。


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。


同ジャンル・関連ページ