未婚の女性はもてないのか!?

「未婚の女性より離婚歴がある女性の方が出会いも多く再婚率も高くて、未婚女性は不倫の招待状しかもらえない、つまりもてないと思う。不公平だ」という意見が寄せられました。それは本当なのでしょうか?

上記の意見に対して「その通りだと思う」か、「そうでないと思う」のかを口コミ体験談で集めました。

出会いを求める未婚の女性も、新たなスタートを切りたいバツイチの方もきっと興味のある結果になっていると思いますので、最後までご覧になってください。

経験値が魅力を放つ!

離婚歴のある女性は私のような平凡な主婦からみてもとても魅力的です。男性に比べ、離婚の痛手は女性のほうがより大きいでしょう。そんな試練を乗り越えた『強さ」と、現在は独り身であるという『はかなさ』は自然とその人からにじみ出ると思います。

また離婚というマイナスな出来事とはいえ、大きな経験を乗り越えた分、人間の深みみたいなものもあるはずです。同じ年の未婚女性と離婚歴のある女性がいたならば男性は経験値の高い、現実世界を生きる離婚歴のある女性に惹かれるのではないかと思います。

未婚の女性はやはりどこかで結婚に夢を描き、そして今までの自由をなくすことにも少なからず抵抗があるはずです。それならば経験豊富な酸いも甘いも知っている女性が選ばれても不思議ではありません。(40代主婦)

未婚女性は我が強くて理想が高い!

結婚市場で未婚女性がモテないということですが、これは全体から見た場合には多いかもしれないです。客観的に考えるとその通りだと思います。

特に30代以降で未婚女性の場合です。未婚ですから、どうしても自分の生活スタイルを変えたくない、今の生活を維持しながら自分の理想の男性を追い求めます。

しかしながら、同じ30代の男性や年上の40代男性になると、未婚女性が求める結婚生活をそのまま全て満たしてくれる男性はなかなかいないです。

離婚歴がある女性は結婚生活を経験してますから、どんな男性なら自分と合うのかを分かっているので、選択肢も明らかで無理な理想を追い求めていないです。

ですから、結婚率も高くなるという話だと思います。30代を越えて恋愛の数も減ってくる未婚女性は、離婚など有りえないから自分の理想に合った男性でないと結婚は出来ないという呪縛にも少し陥っている可能性も高いです。

未婚女性がモテないということではなく、未婚女性側にも結婚に至らない理由があるということです。(40代の男性)

結婚生活を体験したからこそ!

結婚相談所やお見合いパーティーでは、未婚の方より離婚を経験された方のほうが成婚率は高いのではないかと思います。初婚である場合、特に年齢が若いと結婚相手に求める条件がおのずと多くなる気がするからです。

相手も初婚であるか、自分と同等かそれ以上の学歴か、年収はいくらか、転勤のある仕事か、親との同居の可能性など、失敗のない幸せな結婚をしたいという思いが強いためにハードルが上がりすぎてしまうのです。

対して離婚経験者の方は前回の結婚生活の経験を踏まえ本当に必要なもの、例えばお互いの価値観や金銭感覚など、一緒に暮らしていくために不可欠な部分に重点を置いて相手にアプローチされるでしょう。

結婚に対するビジョンの提示が明確であるので、出会いから再婚への確率が高いという結果につながっているのだと思います。(40代女性)

求めるものと、現実として諦めるもの

結婚市場では、未婚の女性はもてないのかという内容に対して私の意見は、『その通り』だと思います。

未婚女性は若い方が多く恋愛対象や性的対象として見られやすいが、結婚歴のある方だとそういった対象にし辛く、ある程度結婚というゴールを前提にしなくてはいけないと考えて声を掛けることになるのではないかと思います。

なのでモテる、モテないで言えば未婚女性の方が声を掛けられやすいのでモテるのかもしれませんが、結婚まで至る確率は離婚歴のある女性の方が高く感じます。

周囲の方の様子を見ても結婚したことのある方の方が結婚までのプロセスを知っている分、お相手の方に求めるものと現実として諦めるものとの境界線がしっかりしている為、無駄な喧嘩になっていないようにも感じます。

その為、私は離婚歴のある方の方が結婚市場という枠組みの中ではモテる、本気度が高い方から声を掛けられるのではないかと考えます。(30代男性)

自分に自信が持てるかと、行動できるか?

未婚の女性が離婚歴のある女性よりモテない、ということはないと思います。離婚歴のある女性は、結婚したいと思われた事があるということで、ある程度自分は男性からそれだけ想って貰えるという自信のようなものがあるのではないでしょうか。

そして、バツがついているので男性に対して現実を見ていて変な期待のようなものはしていないのだと思います。それで、この人だと思った人には積極的に自分から行動を起こしているんだと思います。

未婚の女性は、失敗したくないと思うので慎重になりすぎて相手を選び過ぎていたり、もしかすると自分の見る目に自信がないから、他の人が選んでいる既婚者が魅力的に見えて不倫に走ってしまうのかもしれません。

自分からそこまで積極的に色々な人と出会おうとしたり、行動を起こしていないのかなと思います。周りの友人で、やはり離婚歴のある女性の方が、積極的に自分から行動している人が多いです。(30代女性)

離婚歴があると相手に警戒される可能性は高い

私は結婚市場の中で未婚の女性がモテないというのは違うと思います。

50代や60代になっても未婚でいる女性は、その女性に何か問題があって未婚のままここまできたのではないかと思われて男性の方から警戒されてしまうことはあると思いますが、20代、30代、40代前半までは現在は結婚適齢期なので未婚だからといってモテないことはないはずです。

むしろ、何度も離婚歴がある方に問題があると思われ、男性からは警戒されます。私が30代なので30代の知り合いが多いですが、男性も女性も相手に離婚歴があると人として問題があったのではないかと考えてしまうと言います。

不倫の招待状しか貰えないというのは、自分の置かれている環境に問題があるので、自分の置かれている環境から離れてみることが結婚をするために必要なんだと思います。(30代の女性)

離婚歴のある女性の方が努力をしている!

未婚の女性より離婚歴のある女性の方が出会いも再婚率も高いというのはその通りだと思います。

ただ、未婚の女性はもてないというのは思い込みです。離婚歴のある女性の方が未婚の女性より危機感があるのではないでしょうか。金銭面で男性に頼っていた場合、まず生きていけません。

もし子持ちだとしたら女性ひとりで育てていくには大変です。そして子持ちであるか無いかに関係なく、精神面で心細いということもあると思います。なまじ「夫婦」を一度経験しているため、未婚の女性より普段の生活の中で孤独を深く感じることがあるのではないでしょうか。

そのため、未婚の女性より強い危機感が生まれ、金づるを捕まえたい、孤独はいやなど、男性(経済力、包容力)を求める気持ちが未婚の女性より強くなるのでは。

その気持ちから行動力が生まれ、その行動力が出会い、再婚率の高さに繋がるのだと思います。

そして、未婚の女性がもてないというのは思い込みです。自分がもてないと思う未婚の女性は、自分の価値を高く見積もっているのではないでしょうか?もてるために自分を磨いたり、男性に対してアプローチをしたり頑張っているのでしょうか?

離婚歴のある女性は自分に×があるという自覚があるからこそ、婚カツなど出会いの多い場所に顔を出したり、自分磨きやアプローチを頑張ります。

その結果男性にもてるのです。単純に男性にもてる努力をしているからもてるのです。未婚の女性でも結婚したい!と強く望む人は出会いも多いしめでたく結婚しています。もてる努力をしているからです。

もてない未婚の女性はただ努力を怠っているだけなのでは?最後に、離婚はなにかしら事情があってするものです。離婚歴のある女性の方がどこか悲壮感があって、保護欲の強い男性は守ってあげたくなるのではないでしょうか。(女性・30代)

離婚者の方が出会いの場への参加が多い!

「結婚市場では、未婚の女性はもてないのか」について私はその通りだと思います。離婚歴がある人が未婚の人に比べて結婚に至るまでの過程を知っています。

また、離婚歴がある人は自分に原因があるにしろ、相手に原因があったにしろ、一度失敗をしているわけだからそこについては十分に対処できるんだと思います。

自分の友人にも未婚、離婚者がいるが未婚者に比べて離婚者の方が出会いの場への参加が多いと感じます。

子どもがいて父親の存在が必要、実家に迷惑をかけれない、金銭面での不安等現実的な問題が未婚者より離婚者の方が圧倒的に多いため、結婚に対しての本気度も違うと思います。

それに合わせて、未婚率の上昇により未婚者には周りがまだ結婚しないからといった思いも婚活への場へ足を運ぶ機会を減らしているのではないでしょうか。(男性・20代)

離婚歴のある女性は冷静な目を持っている

私は昨年結婚したので、既婚者としての意見になってしまいますが、未婚女性よりも離婚歴のある女性の方が再婚率が高いというのは分かります。

男性ともこういった話をすることがありますが、離婚歴は結婚にほとんど関係しないのではと思います。離婚の理由や子供の有無など、左右されることもあると思います。

ただ、周りを見ていても思うのですが、未婚の高齢女性になると、自分が見えていないという人も多いように思います。

その反面離婚歴のある女性は、冷静に現状を見れている部分があるので、慎重になっているところがあると思うのです。

未婚の人は不倫の招待状しかもらえないということはありませんが、冷静になれていない部分があるため、結局不倫になっていたということがあるのではないでしょうか。冷静になれている分だけ離婚歴のある女性は一歩リードしているように感じます。(30代の女性)

「若い頃はモテていた女性」は…

こういった意見は、ある一定の層が固まった場合にネット上などで見られるようになります。

そして、今回の意見は「独身女性」ではないと思っています。正しくは「若い頃はモテていた女性」ではないでしょうか。そういった女性が30代に入り、婚活を始めた際にこういった印象を持つような気がします。

私の知り合いの30代女性も同じような事を言っていました。ただ、20代半ばから婚活をしている女性の多くは結婚をしています。

そのため、未婚女性が結婚市場でモテない。というのは間違いです。ただ、30代を過ぎても結婚歴が無いというのは結婚を考えている人からするとなにか問題があるんじゃないかと疑ってしまう可能性は大いにあります。

ですので、私が提唱するのは「30代の婚活女子は結婚市場ではモテない」です。(20代/男性)

出会はその人の性格が関係している

結婚市場では、未婚の女性はもてないのかについての私の答えは、『そうではない』と思います。何故そう思うのかといいますと、やはり出会いというのはその人が持っている性格が関係しているからだと思うのです。

未婚の女性がもてないということが言われているのは、やはり結婚をされている経験がないという理由から、結婚に対し大変慎重になられている方が多かったり、自分をどのようにアピールしたらいいのかわからないというような部分が関係しているのだと思います。

逆に離婚歴がある女性は、結婚経験があるため具体的に結婚に対する行動が起こしやすいというのがあるのではないでしょうか。(女性30代のあくまで個人的な意見です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です