【大評判】口コミ体験談で人気のお取り寄せの通販|ココカラで購入を!

【あるある体験談】お金のやり取りでイラッとした話のまとめ

怒っている女性

みんなの体験談
お金でイラッとした話

お金関係でイラッとした話

お金のやり取りでイラッとした事って少なからずあるかと思います。サービスの対価としてお金を払う事にケチをつけるわけではありませんが、どのような対応をされるのかでカチンとくることも時にはありますよね。

私の場合はラーメン屋に行った時、ラーメンの味が濃い目・油が多め・麺固めでお願いしようと思った瞬間に、お店の人が「全て普通で良いですね!」って決めつけるように言われたことにいらっとしました。

やっぱりお金を払う側なら、美味しく食べるというだけでなく気持ちよく食べたかったりもしますよね。

そんなちょっとしたお金関係の事でイラッときた話の口コミ体験談を今回は集めさせて頂きました。

よくある定番のあるある話などを見てみたい方、暇な人、ラーメンの味にこだわる方は参考にしてみてください♪(※ラーメンの話があるかは分かりません。)

貸し借りは慎重にしたいですね

イライラしている女性3年前、友達が「30万貸してくれ」と電話で借金の申し込みをしてきました。詳しく聞いても「すぐ貸してほしい」というだけで詳しい事は言いませんでした。30万と言うと私にとっては大金です。「今はまとまったお金は無理」というと「役に立たないんだから」と言って電話を切ってしまわれました。

自分勝手な事だけ言って電話を切ってしまう友達に「イラっと」しました。

あとで別の友達からの連絡でわかった事ですが、彼はパチンコにのめりこんでどこぞで借金をしたらしく取り立てが厳しく困っているらしいとの事でした。

それを聞いて、急いで貸さないで本当によかったと思いました。それ以来その友だちからの連絡はありません。

おじいさんにだましとられた

高校生の頃の話です。地元を自転車で走っていたら、痩せた体型のおじいさんに呼び止められました。話を聞くと、どうやら財布を落としてしまい帰れなくなったとのこと。少しで良いのでお金を貸して欲しいとのことでした。今思えば怪しかったのです。交番に行って貸してもらえばいい話ですし。

後から返したいからということで僕の住所を紙に書いて千円と一緒に渡しました。その後お金はかえってこず。地元の友達に後から聞いたのですが、僕が会ったおじいさんは地元でよくその手を使って金をだましとっていたそうです。千円だったけど、それを聞いて嫌な気分になりました。

きっと本当にお金に困っているんだろうなと思うようにしています。いつか間違いに気づいて返してくれたらほんとうに嬉しいですが、帰ってこないとしても、そのお金が役に立ってくれることを願っています。

ルームシェアとお金の問題

数年前に友人とルームシェアをしていたことがあるのですが、お互い実家に戻ることになり敷金礼金の話になりました。入居時に友人が敷金礼金は一括で払ってくれていたので、私は毎月それを返していました。ちょうど2年でその分が完済になる予定だったのですが、書類に書いてある金額と友人が言っている金額が違うのです。

多少の差ではありますがお金の問題なので気心の知れた仲でもそこはきっちりしなくてはなりません。結局書類が正しいということになり事なきを得ましたが、解決までには少し時間がかかりました。お金の話はきちんと日頃からしておかないといけませんね。

変に曖昧にしておくと後々もめごとやトラブルにつながるので十分に気を使って丁寧に話し合う必要があります。特に友人とか知っている人だからといって遠慮せずに必要な事は事前に話しておいて、書面に残しておくのも大切です。

オークションでの注意

怒っているひよこ私はたまにオークションサイトで商品を落札する事があるのですが、たまたま見かけた格安のものを落札した時の話です。相場よりもかなり安かったのでこれはお買い得だと思い、すぐにその商品を落札しました。しかしそこに落とし穴がありました。

落札価格よりも送料の方が高かったのです。その商品の大きさからして明らかにその値段は高いと抗議したのですが、相手は一向に譲らずで平行線です。送料も含めると新品で買った方が安いのになぜそこで取引をする必要があるでしょうか。

結局取引は完全にキャンセルしましたが、私にも「悪い」の評価がついてしまい何とも後味の悪い結末となってしまいました。

ただより高いものはないと言いますが、まさにその通りだなと思いました。相場より安い商品にはかなり用心して注意が必要なんだなと身を持って体感しました。世の中はそんなに甘くないんですよね。

旅行の時は手持ちの現金にも注意!

好きなアーティストのライブに行くことも兼ねて、友達と旅行に行った時の事です。ホテル代は後払いである事と、一人あたりの金額を伝えていたのですが、友達はライブの物販で散財。ホテル代は口座からおろすとの事で安心していましたが、カード一式を忘れてしまって引き出せず、ホテル代を貸すことになりました。

後日ちゃんと返してもらいましたが、折角の旅行なのに、お金がなくて帰りの電車の時間までネカフェで時間を潰すという散々な結果になった思い出です。今考えればカードローンとかその日のうちに貸してくれる場所もあるので、そうした業者を利用してでも旅行を満喫すればよかったです。

そうしたことって世間が分かるようになってきた今だからわかることですね。多少のお金を払ってでも便利なサービスは積極的に上手に活用した方が最終的には得するところもあるし、気持ちが楽なんですよね。

貸したが戻ってこなかった

お金の貸し借りはあまりしたいとは思いませんが、友達に貸してほしいと言われれば貸さざるを得ません。それが数十円とあれば尚更です。お金って貸した方は結構覚えているんですが、借りた方はあまり覚えていないものなんですよね。

細かな金額でも積み重なっていくと大きな負担になりますもんね。なんだかモヤモヤした気分だけでが残ります。

戻って来なかったお金

高校生の頃、友達に「文房具を買いたいから今300円を貸してちょうだい。絶対に後からすぐ返すからさ」と言われて貸しました。いつか返してくれるかなと気長に待っていたのですが、いつまで経っても戻っては来ませんでした。

当時の私にとっては小さくないお金である300円も貸して損をしましたし、今でも思い出すと怒りがこみ上げてきます。

やりとりでイラッとした話

離婚した元旦那(当時バツイチ子供は元嫁が預かり)は現場作業の自営業をやっていて夏は仕事があるのですが、冬は極端に減るという季節要因に大きく影響される仕事でした。夏にがっつり生活費をもらい冬はその生活費を切り崩して生活していたのですが、その生活費すら貸して欲しいといわれ結構な額を持っていかれました。

我が家には生活費横取りしておいて、元嫁に子供の養育費を払っていました。自分のしりぬぐい位ちゃんと自分でしてほしいものです。

友人と縁を切った

ある日友人に車検のお金が足りないから10万円貸してと言われました。とても仲の良い友人だったので貸したのですが返済日になっても、返してくれず。何度か催促したのですが言いわけをしては返済日を延長され結局返済せず。貸したお金は諦め、友人とは縁を切りました

昔の友人あるある

大学のときの友人から、朝会社へ出勤中に電話がかかってきました。「久しぶり~元気?」から始まりゆっくり喋るので少しイラッとして、何かあったの?と聞くと国民年金や税金払えないからお金貸してと言われました。私も給料前で厳しいと言って逃げました。朝で出勤前だったのでイラつきました。大して仲良くなかった子に限ってお金貸してとか言ってくるんですよね。それから疎遠にしました。

知らない人から貸してくれるように頼まれた

駅で切符を買っていたときのことです。知らない人に声をかけられました。「お金を貸してくれませんか?」切符を買うのにお金が足りなかったのでしょうか?なぜ私に声をかけてきたのでしょう?返してくれるのでしょうか?そんな考えが頭を駆け巡りました。何か事情があって困っているなら、知らない人からお金を借りないで、駅員さんに話すべきでしょう。

年上の部下との関係。

前の職場のことの話です。自分の部下に自分より一回り年上の部下がいました。仕事に関してはどの同僚よりも話が合ってよく相談することもありました。会社帰りにご飯に行く事もしばしばありました。ただ、そこでは部下ということをいい事に一度もお金を払う事はありませんでした。部下と言えど年上のクセにプライドはないのかと思いました。

お金を貸すと慎重に

友達などにお金を貸すことがあると思います。金額にもよりますが貸すときには気をつけましょう。なかなかお金が返ってこなかったりします。自分に余裕がないときは断ることも必要です。お金の問題はデリケートな問題なので友達などの関係を悪くしないように気をつけましょう。

歓迎会という名の飲み会

自分は、つい先日転職をしました。それまでの経験が評価されて良い仕事に就くことができたので、新しく頑張ろうと思いました。同僚となる方々とも雑談を交わすなど良い雰囲気を作っていけそうでしたが、年末の忘年会があるにも関わらず、歓迎会を開いてくださるとのことでした。自分としては嬉しい反面バタバタしている年末に何度も飲み会に参加しないといけないのが少し嫌でした。しかも、結局高い参加費は実費でしたし、皆さんただただ酔っ払っただけであまり充実はした気がしませんでした。

仲の良い友達に貸したのですが

大学生の頃、仲の良い友達がパチンコを打つというので付いて行きました。しばらく打っていると、一緒に行った子の軍資金は底をついてしまいました。その子は当時、遠距離恋愛をしていたから、パチンコで勝たなければ、その週は彼に会いにいけないという状況でした。可哀想になってきた私は、つい3000円貸してしまいました。その後パチンコを打ち続けた友人はなんと、五万円当てました。しかし、その後私が貸した3000円は帰ってくることはありませんでした。その子とは何となく、疎遠になりました。仲良くてもお金の貸し借りはよくないです。

貸したのに忘れてた友人

以前男友達にお金を貸したのに、すっかり忘れられていてイラっとしたことがあります。サークル旅行した際に宿泊代が足りないと言うので1万円を貸しました。しかし次に会った時には彼は忘れていたのです。メモ書きで借用書を書かせておいて本当に良かったです。

同僚の金銭感覚

私の10歳年上の同僚は毎月毎月10万円近い金額を一括返済の約束の上で私から借ります。それで腹が立つのは、毎月給料日を返済日と設定しているにもかかわらず数日間は返済を待ってくれとか分割にしてくれとか言ってきます。それも、毎回催促しないと返済してこないという同僚です。

あぁ、私の1万円…

大学時代、いつもつるんでいた友人がどうしても彼の誕生日に間に合わせたい、プレゼントを買いたいから、1万円貸して!お願い!と頼んできました。私はその友人を信用していたし、普段からいい子なので何のためらいもなく1万円を貸しました。

それから月日は流れ…卒論の時期でバタバタしていたのもあり、私は忘れていて、たまには思い出していましたが、まぁあと少ししたら言わなくても返してくれるだろう。と甘く見ていました。ところがそのまま月日はさらに流れ…今はもう卒業して数年。彼女とは疎遠。(笑)

仲良しだったし、良い子だったのに…貸したお金は戻らず、そして金の切れ目は縁の切れ目となりましたとさ。(笑)みなさん、人にお金を貸すのは返ってこない場合が多々ある事をお忘れなく…ああ1万円。

同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。