【大評判】口コミ体験談で人気のお取り寄せの通販|ココカラで購入を!

深夜に眠れない悩みは|プラス思考になるとスッキリ眠れる!

寝ている女性

深夜に眠れない悩みは
プラス思考になる事も大切です!

深夜に眠れない悩みはプラス思考になる事で!?

深夜になっても眠れないのですが、どのようにすれば良いのでしょうか?とか、夜中にいやなことばかり考えてしまって、ベッドに入ってもぐっすりねれません!」等のメッセージが来たので、今回はその点について一緒に考えていきたいと思います。

やはり特に夜寝れない原因の一つとして、色々とその日一日の悪い出来事等を考えてしまって、それに後悔したり悔んだり、落ち込んだりしてねれなくなるなんて事も結構あるようですね。

何が解決策につながるのかというと、人間なので悔んだり後悔する事も沢山ありますが、その後悔を次のステップへのバネにする事によって感情を前に向けることです。

そう、その失敗をすることが人生を成功するための大きなカギとなっていくわけです。つまり晩年を立派なものにしていくためには沢山の挑戦や失敗を繰り返す必要があります。そう考えると失敗を恐れなくなっていきますし、反省はしても後悔やトラウマのようにはならないのです。

逆に言うと、失敗のない人生が逆に後々大きな反動になりやすいという事に繋がっていく事も事実です。

ですので、夜に色々と考え事をして反省や後悔をする事も大事なんだと割り切る事も大切ですし、それをわかればそんなに寝れないほど悩む必要もなくなりますし、失敗って人生の中でとっても大切なことなんだって考えられると、当然プラス思考になっていくので人生も面白みがわいてくるのも事実です。

ただ、それでもねつけないな~なんて思う方には、どうしても寝れない夜に沢山の面白い動画を見てリラックスした状態になっていくと自然に睡魔も出てきたりもします♪

では、次回この夜間に寝付きが良くなる方法等について細かく説明をさせて頂きますが、とりあえず下に皆様がどのような考えで深夜に眠れなくなるかの文章を記載させて頂きますので、暇な方は読んでみるのも人生の勉強になるかもしれません。

★ポイント★

将来の事や今直面している問題を考えすぎてしまったり、よくない感情を引きずることが悪影響の連鎖につながっていくようです。問題の解決が難しくてもどこかで割り切ることが不眠解消の究極の結論といえそうです。

ついつい考えてしまうと寝れなくなること

ベッドの中ではその日失敗した事(仕事の失敗、飲み会での粗相等、公私問わず)を考えてしまいます。失敗した事を後悔しても仕方がないのですが、布団に入り目をつむると、不思議とその時の光景が頭の中で再生され、悶絶しながらいつのまにか寝付いています。

考えてしまうというよりは、フラッシュバックのように光景が蘇ってくるという感じです。良い記憶を強くできるように、意識的に寝る前などに自分が頑張ったことなどを思い返してみるようにしています。

宇宙の端を考え出すと寝れない

宇宙の端はどうなっているのか、とふとんで考えだすと寝れなくなってしまいます。宇宙は常に膨張し続けてるっている説もありますが、それでも端はどこかに存在しているのではないのか、端の向こうが何もない無だとしても、無ってどんなところなのか、考え出すと寝れません。

でも宇宙ってすごいですよね。無限に広がっているようでいて、整然と秩序があるという所がとにかく魅力です。人知を超えた力があるようにも感じます。

死後の世界を考えだすと寝れません

深夜に死後の世界を考えだすと寝れなくなります。本当に死後の世界があったとしたら、今までお亡くなりになった人の魂が全員いる世界はどれだけ大きいのだろう、また死後の世界が無いとしたら、今の自分はどうなってしまうのだろう、そんな風に思考し出すと寝れません。

やっぱり人間にとって一番怖いのは死んで忘れられてしまうこととか自分の将来なんですよね。後悔のないように人生を歩んでいきたいですね。自分が何かを残せなくても人のために貢献できたという思いが抱けるように頑張りたいと思います。

何も今考えなくても・・

夜についつい思考してしまうと寝れなくなることは、お金のことです。誰かに養われるしかない子供ではないので、残念なくらい貧乏なのは自分のせいでしょうが、夜な夜なつい頭をもたげ眠れなくなります。

仕事の段取り、明日の段取りはしっかりと準備済のはず、今思い悩んでヒントが見つかるわけでなし、1円の足しにもならないのに寝不足が続きます。今はちょっと見方を変えるように意識しています。お金があってもそれだけで家族を幸福にできるわけではないので、少ない費用でどうやって家族をたのしませることができるかなと考えるようにしています。

不思議と考えているうちに寝落ちしていることもありますので、答えの出ないことを思いめぐらしているのもいいのかもしれませんね。

子供の将来が心配

悩んでいる男性52才の男性です。子供が中学3年生と小学校5年生の男の子です。私の仕事が55歳で定年になります。その時、子供は高校3年生と中学2年生です。お金のかかるときです。

定年延長もできますが、給料は大幅に下がります。55歳以降どうすればいいのかを夜に思いを巡らせると目がぱっちりとして寝れなくなる時があります。でも給料が下がったとしても子供たちを最後まで育て上げると決めているので、家計を見直したり、自分の技術や資格を向上させたりと工夫や備えをしてしっかりと家族を養っていこうと頑張っています。

趣味のことを考えていると眠れなくなります

深夜に趣味のことを考えていると、わくわくして眠れなくなってしまいます。私の趣味はスポーツで、最近ではサイクリングを楽しんでいます。お気に入りのクロスバイクに乗って休日にどこに出かけようかと考えるだけで、楽しい気持ちになってしまい眠るのが惜しいと感じます。

ワクワクして寝れないって子供みたいだなと自分でも呆れてしまいます。遠足前の子供の気持ちで休日前は楽しくて仕方がありません。

施錠したか気になって眠れなくなります

職場を出るときに最終退出者になった時は当然ながら施錠してから帰宅するのですが、ついつい鍵をかけたか確認し忘れて深夜に気になって気になって眠れなくなることがあります。

以前はあまりに気になって眠れなかったものですから、始発で出勤するはめに…。ちゃんと確認して退出しても意外と気になるんですよね、性格なんでしょうけどね。最近は指差し呼称をして退出するようにしています。目と耳と指で確認することで、何となく安心できるようになります。

転職活動がうまくいくかつい考えてしまう

転職活動中で面接に落ちてばかりなので深夜になってもふと面接のことが頭に浮かんでしまいます。この前もダメだったから次もダメだったらどうしようと悩んでしまいます。

次に受けるところは大丈夫かなといろいろと考えます。早くこの転職活動を終えて、新たな仕事でバリバリ働きたいですね。生みの苦しみの先には良いことが待っていると信じています。

将来の結婚について寝れなくなる

まだまだ高校生ですが結婚できるかどうかについて考えると深夜に寝れなくなります。容姿もそれほどよくはないし、とにかく見た目に自信がありません。高校を卒業して何年後ぐらいに結婚できるだろうと考えると本当に寝れなくなります。

なんでそんなに結婚のことを考えるのかというと、やっぱり自分にコンプレックスがあるので少しでも若い時にという焦りがあるんだと思います。今は自分に自信をつけるためにもっと勉強を頑張って何かしら得意な分野をつくりたいと思います。

もしも

地震がきたらと思うと途端に不安が大きくなります。今きたらどうやって避難しようか、明日きたらどうしようと考え出すととまりません。家族や友達のことまで考えてしまいます。でも不安になるからこそ一日一日を大切に生きようと思えます

不安も裏を返せば将来を真面目に考えていることの証拠ですし、そこから生まれる新たな考えもあるので、あながち悪いものとは言い切れないと思います。大切なのはあまりにマイナスに考えすぎず適度な所で割り切ることです。

特に災害が増えているので、避難経路や準備しておくものなどに関しては、しっかりと考えておくのも大事なので定期的に考えるようにしています。

明日の夜ご飯

私は寝る前になると翌日の夜ご飯は何にしようかな?と思考にふけってしまいます。今日はあれ食べたな、昨日はあれを食べたな、そう言えば最近あれを食べてないから久々に食べたいな。そんな感じで遅くなっても翌日の夜ご飯の献立が決まるまで安心することができません。

そんな感じだったので、少しスタイルを変えようと思って最近は1週間分の献立を日曜日に立てるようにしています。それに基づいて月曜日にはすべての買い物をまとめてするようにしています。そうすると夜はよく眠れるし節約にもつながるし、いいことだらけです。

将来のこと

将来のことを考えると色んなことがループして睡眠状態に入っていけません。親の老後ことや自分の将来のことなど。お金は足りるのか不安になり、最終的に通帳を見たり生命保険を確認したりしてしまいます。

日中はそんなに不安にならないので、ベッドの中で考えるのはよくないですね。でも年金のことは何度考えても安心できるような答えがでないですね。今は副業をすることを真剣に考えています。

ねれなくなること

夜間に次の日の仕事のことを考えていると寝れなくなることがよくあります。その日にあった嫌な出来事や、土曜出勤など自分だけがつらいと思い込みがちだからです。特に同居人がお気楽に見える人であったり、関心がない人であればなおさらかもしれません。

しかし悩みすぎて睡眠時間を削ってしまうことで、よりストレスが溜まってしまうこともあるため、悩みすぎるのも考えものですね。

そのバランスをどうとるのかが一番難しい点ですが、悩んでも割とスグに結論が出るようなことは寝る前に考えてもいいですが、結論が出るのに長引きそうな事柄は翌日に回すなど、考える事柄を決めておくのは役立ちます。

深夜についつい考えて寝れなくなること

自分が深夜に寝れなくなる場合、自身の悩みについて考え込んでしまう場合が多いです。その1つは人間関係で、友達とうまくいかなかったり、恋人のことなどを考えると眠ることができません。

また、受験や大会の前日などでプレッシャーやストレスを感じている場合も寝つけないことが多いと感じます。ストレスやプレッシャーに強くなれる方法とか知りたいなと最近感じています。

自分の死について考えるとねれなくなります。

自分の死について、具体的には死んだらどうなるのかから始まり、妻に自分の財産の場所を伝えといたほうが良いのか、でも34歳ならまだ死なない可能性のほうが高いのではないか、自分のお墓ってどこにあるんだっけ、などを考え始めると深夜であっても眠れなくなります。

何が起こるかわからないし、いつ死ぬか分からないので、家族のためにもできる備えはしておかないといけないですよね。

考えてしまうこと

深夜に、今日仕事場の人に誤解されてうまく対応できなかったことを、つい思い浮かべてしまって悪く思われているんじゃないかとか考えて弁解したくなるような気持ちになります。そういう失敗してしまったと思った出来事を思い浮かべることを繰り返して眠れなくなることがあります。

自分のミスを繰り返さないようにするのは大事なんですけど、考えすぎる自分の性格も治したいと思っています。

深夜についつい考えてしまうと寝れなくなること

明日は早勤だという日の前の晩には、いくら携帯のアラームをセットしていても気になると深夜にもかかわらず寝れなくなります。勤続5年の私には2回遅刻の経験があるからです。どれだけ迷惑を掛けたかと思うと毎回起きることが出来るか考えるだけで、ほぼ不眠のまま出勤することもあります。

明日の仕事の事を思うと

明日の仕事の事を考えると寝れなくなります。例えば、明日にある重要な会議の事や期日が迫った仕事の事を考えると、頭から離れなくなり、どうしても深夜でも寝れなくなってしまいます。仕事に関する事を家で考えるのはやめたいのに、寝る時に思い出してしまったりするので非常に困っています。

夜についつい考えてしまうと寝れなくなること

職場の月間行事の担当になった時には段取りを考えるだけでドキドキしてきて寝れなくなります。失敗しないようにとシミュレーションしているうちに、時間がずいぶん経っていることに気がつくと、そこからは深夜でも寝れなくなっていることが多いです。そのまま出勤することもあります。

仕事を辞めるか続けるか

仕事を辞めるか、続けるか、そのことを考えると深夜でも眠れなくなります。仕事の内容に不満はないのですが、子供の熱などで朝に休みの連絡をいれると露骨に嫌な態度を取られます。私は何のために働いているんだろうと考えると仕事を辞める方がいいのか、続ける方がいいのか悶々と考え始め眠れなくなってきます。

仕事と将来

夜間に仕事と将来のことを悩みだすと心配が募り寝れなくなります。会社は倒産しないのか、給料は増えていくのか、社会情勢経済は上向いていくのかなど、自分ではどうしょうもないことと努力すればどうにかなることの区別に悩まされます。

ふとんの中で真剣に考えてしまうこと

私が布団の中で真剣に考えてしまうのは将来のことです。とにかく将来が不安で、思考が始まり出すと寝れなくなってしまうのです。このようなことがしょっちゅうあり、寝不足の原因にもなっています。どうすればいいのかと悩んでいますが、解決法が見当たりません。

キャンプホリック

いけないと思いつつ遅くなってからネットサーフィンを始めます。私は特にインスタグラムのキャンプタグを見て、次のキャンプはここに行きたいなー、このキャンプ道具欲しい!など色々考えて妄想の世界に浸っております。

休日前、明日何をしようか思いはじめると、もうだめです

私は、金曜日の夜に明日のお休みは何をしようかなと考えていると夜までねれなくなることが多いです。まず、何時に起きるかを考えます。少し朝はのんびりして、寝坊してもいいかもしれない、いやいや早起きして散歩に行って自然に触れ合おうと思います。次に散歩をあのコースにすると行ってみたかった喫茶店でコーヒーを飲むことができる。そのとき、本はどれを読もうかな、などと次々連想ゲームのように休日のプランを考えていると、楽しいのですが目が冴え冴えとしてしまいます。

明日持っていく、お弁当の中身について

私は食べることがとても好きです。お昼のお弁当を持参しているのですが、その日の朝に焦ってしまわないように、寝る前にある程度どんなおかずを、お弁当箱に詰めていくか考えておくことが多いです。ねむいなーと思っていても、食べ物のことを考え出すと目が覚めてしまいます。明日は焼き肉弁当にしようかと思い、それなら付け合わせとしてほうれん草のバター炒めにしようかなと考えます。それではカロリーが高くなりすぎてしまう、などと考えているとお腹が空いている夜のせいもあり遅い時間でもねれなくなってしまいます。

ねむれない夜

パソコンで作業をしていたら時間を忘れて寝るのが日付が変わってしまうことが多いです。さぁ寝ようかと布団に入ると、ついつい明日早く起きなきゃいけないと、なぜかだんだんあせりだしてきて余計ねれなくなる。何か早くねむりにつくいい方法はないのかと考えるのだけど、なかなか眠れず結局1時間しか眠れなかったことが何度もあります。

子供のこと

夜についつい考え出すと眠れなくなることと言えば子供の事が多いです。中でも教育費の事が多いです。まだ小学生だけど先輩ママさん達に色々聞かされて、絶対このままじゃ足りないと焦るのです。日々の暮らしで精一杯の所もあるし。他の家庭はどうしているのだろうと考えをめぐらせたりします。色々不安になってなかなか寝付けなくなります。

単身赴任

夫は現在単身赴任中です。私も毎日忙しく昼間はなかなかゆっくり考える事はありませんが、深夜などいつこっちに帰れるのか、ついて行った方がよかったのかなど、あとはこれからの暮らしの事などを考え出すと不安になる事も多く寝付けなくなります。

宇宙のどこかに

夜、壮大な宇宙のことを考えると眠れなくなってしまいます。どこか遠く、地球の他に似たような星があって、そこでは自分達と同じように生活している人達がいるのか考えるとワクワクします。私自身、人工衛星の部品を作っているので、宇宙人はいるのか、地球みたいな星があるのか、深夜時々考えて眠れなくなってしまう事があります。

楽しいことを考えましょう。

お布団に入って、深夜既にうとうとしているのにも関わらず、明日の仕事のこととか、〆切のこととか考えると急に眠れなくなりますよね。楽しいこととかワクワクするようなことならそのまま眠りに落ちていい夢が見られるのですが…。考えすぎは体に悪いですね。

★まとめ★

将来の事や明日の仕事の事、死の事など、まだ起きておらず自分ではどうしようもないことをつい考えてしまうと結論が出ず不眠になってしまうようです。ワクワクするようなことや休日をどう過ごすのか、などに目を向けられるといいですよね。


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。


同ジャンル・関連ページ