【大評判】口コミ体験談で人気のお取り寄せの通販|ココカラで購入を!

夜の散歩で行きたい場所|夜間の気分転換のための行動は?

夜景と女性

夜の散歩で行きたい場所や
夜間に気分転換になるような行動は!

夜の散歩や気分転換のための行動は?

自分にとって見慣れた地域でも昼間とは違う顔を見せるのが、日が暮れてからの風景です。生活の音が消えて、街頭の明かりなど部分的なライトで照らされることによって、街はいつもと違う景色になります。

そんな風にいつもと違う時間に散歩したり外に出ると、知っている道を歩いていても意外と気分転換になってリフレッシュされるものですよね。ついでにちょっと気になるお店に立ち寄ったりして何か買ったりなど散歩といっても違う楽しみもあります。

でもどこで散歩すればそんなリフレッシュできるんだろうと思う方のために体験談を掲載させていただきます。夜ごとみんながどんな場所で過ごしているのかをリサーチしてみてください。

これまで以上に深夜の散歩の楽しみが増える事間違いなしですので、ぜひ最後までゆっくりとお楽しみください!

☆ポイント☆

闇夜に誘われていく場所の定番と言えば、現代ではコンビニが圧倒的に多いようです。でも静かな気持ちに浸るために夜空が見れるスポットや、深夜営業している居酒屋で一人酒なんて方もおられます。色んな自分だけの楽しみを見つけてリフレッシュできそうですね。

考え事をしたい時には

私は都内のベッドタウンに住んでいて、近所には住宅ばかりしか無いので夜中ふらっと寄れるところといえばコンビニくらいしかありません。

最近は新作のアイスとホットスナック(唐揚げなど)チェックにハマっています。それと最近は特に深夜に近所にある広々とした公園にフラッと行きたくなります。

その公園は夜は人がいないし広いので見晴らしも良く、考え事をしたい時や1人になりたい時などその公園まで散歩がてらに行くのが好きです。夏場の季節は夜の涼しい空気が気持ち良いです。

夜の公園は場所によっては治安が悪いとも聞くので注意をしています。皆さんも犯罪に巻き込まれたりしないように十分にその点だけは気を付けてほしいと思います。

夜空のキレイな場所を

きれいな夜空なんだか心が落ち着かないとき、夜空のキレイな場所を訪れたくなります。一人車に乗って穴場のスポットへ行きます。周りには街灯などない本当の暗闇の中で、車のライトを消して夜間の自然の暗闇の中に瞬く絶景の星空を好きな時間だけ眺めます。そこには、一点の曇りも無いきらきらと輝く純真な星達が静かに、けど本当にまっすぐな光を私に届けてくれます。

そんな星達をぼーっと眺めて、自分の鬱々とした心がまたキレイにピカピカになっていくような気がします。嫌な事があった日、ケンカをした日、なんだか気分が落ち込む日などには心をリセットしたくなりますよね。

そんな時に私は散歩して星達が瞬くキレイな夜空を見に行きたくなります。そうすると、自然と自分の落ち込んでいることなんかどうでもよくなって、生きていることに感謝さえ覚えます。自然の中で生かされていることがよくわかりますよ!

夜道を独り占め

私は夜中になると車通りのない広い道に行きたくなります。静かな夜風を浴びながら、とても広い空間で人目を気にせず物思いにふけるのは最高です。

私は自分の好きな曲を聴きながら広い道の真ん中を歩いてると、夜の街を独り占めしたような気になってしまいます。いい気分転換になりますよ。

でも暗すぎる場合は夜間に突然コンビニエンスストアに行きたくなることがあります。夏の夜は眠りづらく、喉が乾いてしまいます。そんな時に飲みたくなるのが炭酸で、歩いてコンビニまで行って少し苦労をした後に飲むのが最高だと思っています。

スカッと喉を通り過ぎる時の刺激がたまりません。一応カロリーとか考えて最近はビールやコーラではなく無糖の炭酸水にしています。ゼロカロリーの商品も増えていますけど、添加物も怖いのでやめています。

私がフラッと行きたくなる場所

私がフラッといきたくなるのは、家の近くのコンビニです。夜は静かですし外に出ると気持ちいいです。みんながねているような夜のコンビニも静かで、あの独特な雰囲気が好きです。言葉にするのは難しいのですが、昼間では感じることができない何か特殊な力みたいなものを感じるのです。

それと夜間に営業しているラーメン屋さんや屋台へフラっと行ってしまうことが多いです。深夜のテレビ番組でラーメンを食べている映像なんて見せられたら、もういくしかないですよね。夜の屋台ラーメンの味は格別に美味いです。私の住んでいる福岡では屋台がいくつもあるので利用できる場所が多いのも誘惑になっています。

海に包まれる

私は海を眺めるのが大好きで、海水浴が目的ではなく海へ出かけます。中でも夜間の海は格別です。まず目の前に広がるのはどこまでも続く暗闇で、目を開けていながら目をつぶった状態のリラックス感を感じられ、そして波の音が両耳を包んでくれます。

このような自分がその場に溶け込んでいく感覚はなかなか味わえません。あとたまにですが24時間空いているスーパーや遅くまで開いているショッピングモールにいきたくなります。

でも本当は何処でもいいからドライブしたり夜景が見える展望台などに見にいきたいのですが、方向音痴なうえに苦手な夜間の運転となると、結果としていく場所というと普段利用し慣れているスーパーになってしまいます。ちょっとした気分転換なので体力や時間を浪費しすぎない近所のスーパーくらいがちょうどいいのかもしれないです。海はたまに行くご褒美になっています。

タイ式マッサージ

仕事を終えて夕食も済ませお風呂にも入る。そして寝るにはまだ早いというようなナイトタイム、そんな時にフラっと行ってしまうのがタイ式マッサージです。

タイ式マッサージは日本人のマッサージと違って、ややハードなマッサージですが(マッサージ中は少々痛い)終わった後のスッキリ感がたまらない。足裏指圧で専門の器具を使うのですがそれが痛いけど気持ちいいんです。

一度タイマッサージを利用すると定期的に行きたくなってしまうんです。そんな感覚にさせてくれるのがタイマッサージです。施術する人の技量によってはただ痛いだけの所もあるので、口コミとかみて人気の場所を選ぶようにしています。

深夜行きたい場所

私はねるようなそんな遅いときにフラッと出かけたくなります。そんな時は24時間営業の大型買取ショップに行きます。理由は中古の本が売っていて立ち読みできたり、メダルやUFOキャッチャーなどゲームがあったりして気分転換になるので夜間いきます。

あとスターバックスのようなコーヒー屋さんもいいですね。夜に、テラス席に一人で座ってゆっくりコーヒーでも飲みたいなと思うのです。独身時代などは友達とよく行ってましたが、今は1人でも良いのでコーヒー飲みながらボーッとしたいです。

いい気分

夜、小腹が空くといつも思い浮かびます。近くて便利でなんでも揃う、人々の身近な欲求をほとんど満たしてくれます。そう!それがコンビニです。暗い夜道、街を灯すその光は人々を吸い寄せる不思議なパワーがあります。

コンビニって、もしかしたら身近なパワースポットなのかもしれません。デザートを買いに来る親子、雑誌を立ち読みしている若い人、仕事終わりに夕食を買い込むサラリーマン。目的は違えど様々な思いを持ってそこに皆集まります。

ありとあらゆる人が集まるその不思議な空間に私もいつの間にか吸い寄せらています。ATMを利用したり、ホットスナックを買ってみたり、暑い夏の夜にはアイスを買って涼んだりしています。365日いつの夜も街を人を照らしてくれるのはコンビニです。私が小さな欲求を満たすために、フラッといきたくなるところ、それがコンビニです。

六甲山の景色

私は、深夜に六甲山にふらっと行きたくなります。やっぱり景色がとても綺麗ですし、夜はドライブも兼ねて気分転換にいきます。何も考えずにゆっくりと過ごせるので気持ちが良いです。

眠気冷ましにも最適なので大学の論文を書かなければいけない時によく行きました。それと、私は仕事が休みの日とかに夜中暇な時は一人で商業施設に行ったりコンビニに行ったりします。

普段時間がないためゆっくりと見て回ったりして色々物色したりしています。あっちこっちの店舗を車でみて回るのも楽しみの一つです。論文が終了したら、新たな夜の楽しみをみつけようと思っています。できればレイトショーの映画とか見に行きたいですね。

静かな公園

フラッと散歩しにいきたくなる場所ですが、私は近所の公園に行きたくなります。朝、仕事を行くときに通り過ぎて、仕事帰りもまっすぐ家に帰るので特によく行くわけでもない公園。

けど、夜間なんとなく散歩のついでに行ってみると意外に落ち着いて好きな場所になります。昼間だったら子供たちが遊びまわってるけど、夜だったら誰もいなくて何も考えることなくぼーっとできます。

若かったころにその公園で友達や恋人と遊んだことを思い出していると結構時間がたっていることがあります。昔の良い思い出に浸ると何となく前向きな気持ちになれるんです。

私の楽しみ

毎回つい散歩中に入ってしまうのが某レンタルショップです。田舎なのでお店の明るさで引かれるのもありますが、ここにくると私の好きなものばかりです。

音楽よりは読書の方が好きなので、まずはそのときに興味があることで、どんな本があるかなのどをみて回って興味があるものはその場で立ち読みしたりもしています。

また文房具が大好きなのでチェックしたりもします。あとは人間観察です。仕事をしていても、でかけていても普段から人のことを観察するのが好きなのですが、夜のレンタルショップっていろんな人がいて面白いです。フラフラ歩き回りながら観察してます。それが面白くてつい夜間の散歩でふらーっと寄ってしまいます。

フラッと行きたくなる場所は公園

散歩は誰もいない公園です。昼間は人がいっぱいいて子供達の声が響いているけれど、夜間になれば虫の音しか聞こえません。昼間にはいろんなものに紛れて存在感のない自分もこの時間だけは自分の存在をしっかりアピールできるからです。

それと、夜間にテレビなんかで食べ物が出てくると、無性にそれが食べたくなったりして、フラーっと足を運んでしまいます。コンビニは何でも揃っているのでテレビで紹介された食べ物は大体あります。多分、コンビニが一番利用頻度が多いです。

朝5時までの安らげる居酒屋。

朝5時まで開いている居酒屋が近所にあります。チェーンではなく個人経営の数人のお兄さん達で回している串揚げ等を扱ったBARに近い居酒屋です。居心地がよくご飯も美味しいので深夜や夜間お腹が空いた時につい散歩だけのはずがふらっと立ち寄ってしまいます。

あと夜間でも何かの記事や広告を見ていて急に読みたくなる本があります。そうすると次の日まで待てない私は、自転車を飛ばして、あるお店に向かいます。そこは店の半分がコンビニ半分が本屋なのです。24時間営業しているし、名の知れた本屋なので本好きの私にはたまらないお店です。

大切な一人の時間

夜間にフラッと散歩がてら行きたくなる場所はコーヒーのチェーン店です。日中に比べて人も少なく、気兼ねなく長時間いることができます。本を読んだり、ぼーとしたりと家ではない特別な空間で、リラックスした一人の時間を満喫できるのが気に入っています。

それと何もない、のんびりした夜にはフラッとコンビニに行きたくなります。コンビニは楽しいのです。新しいお菓子が出ていないか、新しい本が出ていないか、そんな感じで何かと情報収集出来る場所なのです。夜間は人も少なくてゆっくりと買い物できます。

だいたいそうでしょ

夜間にフラッと行きたくなる場所は?と聞かれれば、10人中8人はこう答えるのではないでしょうか?はい、コンビニ、正解です。

夜中に外出したくなる理由はなんて、お酒が欲しいか、お腹が空いたか、くらいですよね。そういえば大食いがまた流行ってきているそうです。大食いのYouTubeチャンネルを見ていると、晩ごはんを食べたのに無性にお腹が空いてきます。

夜間でもラーメン屋さんでそういう人達のようにダイナミックに麺をすすって食べたくなります。絶対に太るぞと思いながら食べるチャーシュー?とか替え玉とか最高ですよね!

恋をしている時は

夜間にフラッと行きたくなる場所?いつもならほぼコンビニと答えるでしょうが、恋をしている時は違います。明日の仕事が気になっても会いたい時にはどうしても会いたい!はい、恋愛中に限って言えば、それは恋人のお部屋ですね。

それと最近は外に飲みに行く機会があまりなく一人でもっぱら家飲みです。正直一人で飲んでいてもドンチャン騒ぎができるわけでもなく、そのまま寝てしまうには何か物足りなさを感じてしまいます。

「飲んだら歌う!」が定番になっていた私は無性にカラオケに行きたくなるのです、それが夜間でタクシーで高くつこうとも行ってしまうんですよね。

焼き鳥やさん

夕食後でお腹はそれほどすいていませんが、ダイエットの為ウォーキングしていると焼き鳥やさんの前であの独特な香ばしいにおいに刺激され、夜間だけどちょっと生ビール一杯と4~5本程度でなんていう衝動にかられてしまいます。

全然ダイエットの話になりませんが、あと夜間に小腹がすくと、どうしても行きたくなってしまうのがラーメン屋です。何しろ家の前にあるので、窓からラーメン屋の看板がみえてしまうからです。また風にのってラーメン屋からのいい匂いが我慢できなくなりついつい食べに出かけてしまいます。

夜中にフラッとそこまで

私が夜間にフラッと行きたくなるのは、家の回りにある自動販売機です。コンビニまでは歩いて5分程度ですが、部屋着のままでは恥ずかしいし、自動販売機なら通りにも人が少ないので気分転換に時々出てしまいます。

家に飲み物があっても、何か飲みたいわけじゃなくてもなんとなく時々フラッと行って、ついでに空を眺めたりしてます。時々めちゃくちゃきれいな星空が見えたりして驚くような感動をすることがあります。でもノーブラのパジャマで行くことも多いので、人に見られないように気を付けています。

砂浜にゴロリ

若いころはよく、すぐ近くの砂浜に缶ビールをもっていてゴロリと横になって、チビチビビールを飲んでいました。天気がいい日には星が見えますし、曇っていても波の音が聞こえて本当にリラックスできます。

自然に浸っていると気持ちが穏やかになりますし、何か計り知れない大きなものに抱かれているようで落ち着くんです。

そんな思い出の砂浜とは遠い場所に住んでいる今はおとなしくふとんで寝るだけです。でも年に一度くらいは海でゆっくり過ごしたいですね。星が見える浜辺とか行きたいなぁ。

屋上でビール

うちのマンションは屋上があって誰でもはいれるんですよね。それほど高層マンションというわけでもないですが、周囲と比べると少し高い建物ですので、寝れない時はそこにいきます。

ビールやチューハイを片手に夜景を眺めたり、風にあたっていると穏やかな気持ちになってその後はぐっすりという感じです。気持ちを落ち着かせるのが大切なんでしょうね。

☆まとめ☆

夜道や夜景スポット、静かな海などは行って楽しそうですね。気分転換や自分一人で考えをまとめるのにそうした場所や時間は最適です。でも最近は物騒ですから安全には注意が必要ですよ!


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。


同ジャンル・関連ページ