【大評判】口コミ体験談で人気のお取り寄せの通販|ココカラで購入を!

【セレブ道】玉の輿に乗る方法は?お金持ちの人と結婚する方法!

お金持ちの男性と結婚する女性

玉の輿に乗る方法は
お金持ちの人と結婚する方法は!?

玉の輿に乗る方法は?

「お金持ちの人と結婚する方法はないのでしょうか?」「玉の輿に乗る方法はないのでしょうか?」と、たまにクライアントさんに質問をされますが、逆に問います。「貴方にお金持ちの人の夫人になる人間性があるのでしょうか?」

そもそも、お金持ちになるためには人よりも数倍、数十倍お金を稼ぐためのセンスを持っているものです。そして、人よりも数倍、数十倍努力をしている人もいます。さらに、人よりも数倍、数十倍合理的である人もいます。

それらの人に好かれるためには当然数倍数十倍女性としての魅力を上げることも基本です!素晴らしい男性を手に入れるために、素晴らしい頭の良い女性になることが基本です。

別に男に好かれる、好感度を高めるためのテクニックを上げろと言っているわけではありません。その男性が、今後将来的にもっとしっかりとした男性に出来るテクニックを知っていて、それ類の方法を武器に玉の輿になる人もいます。

大金持ちの男性と出会うために、大金持ちの人を支えるために、これからも女性として様々な努力をしていきましょう。

玉の輿に乗るために褒めまくる!

幸せそうな女性人を褒められる人は人生を楽しく生きられますよね。褒め上手は生き上手といっていいほどの行いです。

誰に対しても良い所を見つける習慣をつけて、色々な人に好かれる人間は、それだけでも幸せですし、当然ハイレベルの人間ということになります。人よりもレベルが総合的に高い女性は基本的にほっておくことはしないでしょう!

玉の輿に乗るために、相手を喜ばせる努力を怠らないように心がけましょう。相手はどう感じるだろうか?周囲にどんな影響を与えるだろうか?と少し考えてから行動する癖をつけておくのは大切な事です。

貧乏人のままでいる可能性が高いのは?

こんな人は絶対に成功しませんし、なかなか異性とうまくやっていくことも難しいはずですよね?下に書いてあるポイントで自分が一つでもあてはまっているなと思ったら今がチャンスです!そうしたポイントを改善すればイメージも大きく変わりますよ。

整理整頓が下手。部屋がいつも汚い。無理だ・ダメだ・限界だ等々の固定観念の強さ。いつもやる気がなく、めんどくさがり。感謝をしない。不平不満ばかり言っている。キレやすく、感情的で自分の感情を制御できない。作るのが下手で、壊すことが上手い。

こんな人とは一緒にいたくないですよね。これを誰かに当てはめるのではなく自分の胸に手を当てて考えてみることです。そうすれば改善の道も少しみえてくるかもしれません。諦めてしまえば終わりですが、少しでも変化を意識していけば必ず成長につながります!そしてそれはあなたの幸せにつながっていくのです。

ウェディングドレス

玉の輿に乗った体験談!
どうやって出会ったの?

上記で玉の輿に乗る方法・ポイントなどちょっとお分かりいただけたでしょうか?ここからは実際に知人や友人、自分自身で玉の輿に乗った人がいる方の体験談を聞いてみました。

体験談を聞いてみたら色々な形での出会いなどがありますね。中には逆玉の輿!なんて男性もいましたし、ドラマチックな感じの話もありますね。

やっぱり玉の輿に乗る人はとても魅力のある気遣いのできる方が多いと思いますし、その魅力に見合った人と出会えるのだと思います。

たくさんの人と関わりを持って自分自身を磨くことも大事だと感じました。玉の輿に興味のある方は参考にしてみてくださいね。

彼女の力!

ラブラブな2人自分の友人の話ですが彼氏に結婚する前に、「あなたの収入では暮らしていけないわ!転職をして収入アップしたら結婚しましょう」と言い、実際に彼氏は転職活動を開始し、見事収入が倍以上の会社に再就職しました。

その後、スキルを磨き、海外赴任になり、さらに年収がアップしました。彼女も語学を習ったり、いろいろな国へ旅行したりしてセレブな生活を送っています。

年収は詳しくは教えてもらえませんが1000万円くらいだと思います。彼女はアゲマンで彼女の力もあったからこその結果だと思っています。

玉の輿になる人はやはり行動力や精神力も伴っているなと感じました。今から狙っている人は自分から行動あるのみだと思います!頑張ってください!

リア充半端ない!

以前、知り合いの女性が飲食店経営の男性と出会って結婚しました。年収1000万円以上で、海外に家や不動産を多数もっている人です。

その女性は自分でプロデュースしたブランドを立ち上げ、その資金を出してくれたのが旦那さんです。美人で頭が良く、仕事もよく出来るタイプの女性ですから、金持ちの男性と結婚してもおかしくない人です。

出会いは夜の職業をしている頃で、たまたま客として来ていた男性と親しくなり、2年くらい交際して結婚しました。富裕層の男性が出入りしている店で働いていると、玉の輿にのるチャンスもでてきますから、羨ましいなと思いました。

手掛けているブランドも好評のようで、自分で仕事をしながらも子育てをしていて、本当にパワフルな人だと感じています。上昇志向な人はやはり上昇志向の方と結婚してさらに向上していくのかなと感じました。

びっくりした逆玉の輿

学生の頃からよくモテる人で、コロコロと彼女を変えていたことが記憶に残ってます。

久々に会った時に、養子に行くと言っていて、本当に行ってしまいました。次男だから名字に何の執着もないとは言ってましたけど、きちんと相手方の親と養子縁組をしての本格的な(?)ものだそうで、結納のひとつにボルボを貰ったそうです。

年収は聞いたことはないですが、義両親が会社を経営しているので、後継ぎとして婚約した時点で同業種の会社に就職していました。

それまでは、フリーターよろしくいろんな職業を転々としていたのに…。従業員は200人ぐらいいると言ってました。

お見合いだったそうですが、「恋愛と結婚は違うから」と、まるで女性のようなことを言っていたのも覚えています。いまではしっかり社長さんのようです。二人がうまくいっているので良かったなと思います。

年齢は関係ない!

ウェディングドレスを着た女性私の知人で40歳を目前にして玉の輿に乗った女性がいます。彼との出会いは合コン。30代限定のかなり小規模なものでした。

当時の彼はまだ駆け出しの医師で、収入は一般人に毛が生えたか生えてもいないか程度で大したことありませんでした。

しかしその後の10年ほどで彼は、中退していた東大を卒業し直したり勉強を重ね、自らの価値を上げることで月収もめきめきとうなぎ上りになっていったのです。

先日年齢的に難しいと言われていた子宝にも恵まれたので、億にものぼるという豊洲の高級タワーマンションの上階を一括で購入し、一般的に下町と呼ばれる地域から湾岸エリアへ移り住んでいます。

彼に出会うまでは、彼女の本業であったラジオDJだけではとても食べていけず夜の世界でも働いていたようですが、今ではすっかり素敵な奥様になっていてとても輝いています。

シンデレラみたいで羨ましい

大学時代の友人が、玉の輿にのりました。自分は参加できませんでしたが、結婚式はフランスで挙げました。その友人の相手が、フランスの方だったからです。何でも、数年前にバーで声をかけられ付き合い始めたらしいのです。

その時は、語学研修の普通の外国人だと思っていたそうです。けれど、毎回デート代は彼が払ってくれるのでお金は大丈夫か聞くと、実はフランスでかなり大きな会社を持っている御曹司だとことがわかったらしいのです。そうなると、ゆくゆくはフランスで暮らすことになるのでお付き合いしていくか悩んでいた友人ですが、彼の実家を訪れてから考えは変わったそうです。

彼の実家の作りは、まるでお城だそうで部屋は20くらいあったそうです。友人はその後必死で、フランス語と英語をマスターしていました。友人は、彼がフランスで働き始めたので今はフランスで普通に生活しています。たまに日本に帰ってくる友人は、年収1千万円以上はあるよといって、一人マダム感を出しています。

年上の彼

現在年上の男性とお付き合いしています。そのかたは、歯科医院の院長先生なのです。私はそのかたの歯科助手をしています。

月100万円以上ということしか、お給料のことは聞けずにいます。ですが、毎回といっていいほど、私の欲しい物を買ってくれます。ヴィトンのお財布などをポンッとなんでもない日に買ってくれたりします。

初めは、とても悪いのでもらっていなかったのですが、カレ的には、なんともない、当然の行動のようなので、最近はいただくようにしています。

ただひとつ心配事は、彼のご両親と私の両親、いわゆる格差があるのではないかと、悩んじゃっています。彼は関係ない。と言ってはくれますが、私からするとやはり引け目に感じてしまっています。

富豪の仲間入り

先日、友達がお金持ちの方と結婚しまったんです。名前は喋れませんがEさんが友人の友人の紹介でした。

そのEさんは別に顔がとても綺麗な訳ではなく、お金を持ってるわけでもありませんでしたが、Eさんは性格がとても良いということです。一気に富豪の仲間入りです。

その友人に聞くと、あるITベンチャーの社長と結婚したみたいで、年収1億はくだらないみたいです。すごいですよね!!


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。


同ジャンル・関連ページ