【大評判】口コミ体験談で人気のお取り寄せの通販|ココカラで購入を!

お得な話や最高の節約術|ためになる話で更に快適な生活を!

貯金をしている女性

人生の糧になるような『ためになる話』を聞きたいと思いませんか?

中々思い通りにいかない日常の生活を少しでも快適にするのは、ちょっとしたテクニックや「おばあちゃんの知恵」のような賢い裏技です。

普通に生きていればお給料が劇的に増える機会はそれほどありませんが、こうした役立つ知識を持っていれば、慎ましやかであっても今よりもっとハッピーで楽しく生活できるものなんです。そして人よりもちょっとだけ貯金ができたりもします。

そんな誰もが知りたい、そして誰もが活用できる節約方法や日常を楽しく変える秘訣を集めてみました。

皆さんがすでにやってみて効果がでている珠玉のものですので、あなたもすぐに活用できると思います。もしもっといいのがあるよ!という方はメッセージをぜひ送ってみてください。

☆ポイント☆

最近ですと、ネットでお小遣い稼ぎをしたり、自宅で手軽にできる手作り食品で健康的に費用を節約する人も増えています。ちょっとの手間を惜しまなければ節約によって多くのメリットが生まれますので、まずは自分にできそうな分野を選んでみることです。

マフラーやレッグウォーマー

冬は光熱費の請求がびっくりするほど高くなる季節でもあります。電気代やガス代が高くなるからと言って、寒い部屋で我慢して過ごしたり、湯船に入らずシャワーだけで済ますのは健康にも美容にも良くありません。

でもできるだけ光熱費は節約したい、というのが本音です。首と名のつく場所を温めると体全体が温まるので、エアコンの設定温度は低めにして首にタオルやマフラーを巻いたり、靴下を重ねてはいたり足首のためにレッグウォーマーを使うのがおすすめです。

特に足元が暖かいと寒さが和らぎます。夜寝るときは湯たんぽを使うと節約しつつ暖房がなくてもぐっすり眠れるのでおすすめです。昔からあるものを上手に使うのっていいですよね。

そのための方法とかは、親や祖父母に聞いたりもできますので、家族のコミュニケーションにもつながるのでいいことだと思います!年長の方の話をゆっくり聞くと本当に役立つヒントがたくさん隠れていると思いますので、辛抱強く接してみると自分の成長につながります。

格安SIMカードをつかいたい

子供がついに、スマートフォンを買ってほしいと言いだしました。主人と私だけでも月々結構かかるので、これ以上はちょっと…と頭を抱えていました。そんな時、ママ友さんが節約できる格安SIMの事を教えてくれました。

大手の携帯会社と契約するよりかなり安く使えるし、イメージとしては携帯電話の通信販売のようなんだそうです。あえて違うことと言えば、近くにショップがないこと。申し込みなどをインターネット上ですることだけで、通常と大差なく節約して安くスマートフォンが使えるそうです。

ママ友さんはとくに格安SIMを使うことで困ったこともないそうなので、我が家もさっそく調べて利用したいなと思っています。最近は新しいサービスが増えているので、ちゃんとついていくのも大変ですが、上手にママ友情報とかクチコミとかを使って節約とお得な生活ができるようにと思っています。

コツコツお小遣い稼ぎ

お願いしている女性家族には内緒でクラウドワークスを利用しています。子供にはもちろん、主人にも言っていません。自分の名義の楽天銀行口座を作ったりとこっそり準備を進めてきました。以前は内職をしていたのですが、子供の長期の休みも作業があったりとノルマもあったので辞めてしまいました。

でも、子供たちは学校に通っているので日中は自分の時間がたっぷりあります。自分が文章を書くのは苦手ではなかったのと、自分のペースで進められるので毎日パソコンに向かうのが楽しみです。少しですがお小遣いを稼がせてもらって買い物の足しにしています。

自分の書いた文章とかが誰かの役に立っていると思うと達成感があります。わずかばかりの副職ではありますが、肩書は「ウェブライター」ですもんね!ただの主婦が横文字の職業についていると思うとなんだかうれしいです。

手作り食品で健康と節約

手作りで食品とかを作ることが我が家の節約と健康につながっていると思います。

最初は本当に趣味くらいの感じで手作りの食品を作り出したんです。例えば、干物を作ったりスモークチーズとかを作ったりみたいな感じです。ちょっとしたキャンプの延長くらいの感じですよね。

でもやってみると楽しいのとおいしいことで手作りの食品がどんどん増えていきました。夏前になると梅の実がでるので、梅干しや梅酒を作り、季節ごとのフルーツでジャムを作ったりもします。

そのうち市販の食品に含まれる添加物などが気になりだしたので一層手作りにこだわるようになりました。手作りの方が家族の健康のためにもなるということが分かったわけです。

簡単なものでいえばトマトソースとかふりかけやドレッシングなどは余分な脂や添加物をカットできるのでおすすめの手作り食品ですよ。

市販のカレールーは便利ですけどカロリーも高いですし胃にもたれるので、スパイスを調合して作るようにしています。そうすると風味もかなりいいですし、味も本格的です。スパイスの効果なのかあせもたくさんでてダイエット効果もあります。

これが節約にもつながっています。そして健康にもつながっているわけですし、わたしの趣味でもあるので楽しみにもなっています。

そして一番うれしいのは子供たちが元気に育ってくれているのと、食材を作ることで食事への感謝の気持ちを持ってくれているのが本当にやっていてよかったなと思う瞬間です。

今は味噌を作る事に挑戦中です。場所があれば野菜作りとかもしたいですね。子供にも手伝ってもらって食育をしていきたいです。

温風ヒーターなどの電化製品をなるべく使わない方法

冬になって椅子に座って家にいたりすると、足元が冷えてきて、ついついセラミックヒーターなどの温風ヒーターを付けてしまいがちです。なので私は、ヒーターをなるべく使わないようにして電気代を節約するぞ!と思い、この冬にふんわりスリッパを買いました。

体は足元から冷えてくるので、暖かいスリッパをはいているだけで、温風ヒーターをつけなくても足元はほかほかします。さらに膝掛けなどもすればさらに暖かく、寒い部屋にいても暖かく快適に過ごせます。このおかげで電気代の節約にも成功し、去年に比べて千円以上も安くすることができました。

ふんわりスリッパはとてもおすすめです!ちょっとした努力で電気代や水道代は節約できるんだなと感じましたので、楽をすることばかり考えるのではなく、ほんの少しの手間を惜しまないようにしたいと思います。

節約のために料理のレシピを幅広く

最も実践しやすく、かつ効果も大きい節約方法となると、やはり食費の見直しです。私自身もコンビニ弁当で済ませてしまうことが多かったのですが、自炊にすることでかなり節約することが出来ました。

とはいっても元々コンビニなどで済ませていたので、レパートリーが少ないですしそれだと余計に栄養も偏ってしまいます。ということで、料理のレパートリーを増やすために色々なレシピを覚える事にしまし
た。ポイントは相性の良い味付けを覚えることです。

例えば生揚げは焼き肉のタレでさっと炒めても美味しいんですよ。ただ煮物だけではなく、結構色々な味付けに合うので、こういう味付けを覚えて食費はさらに減りました。ちょっとした味付けの工夫と薬味でアレンジするだけで毎日の食卓は本当に楽しくなります!

貯蓄のためにしていること

貯蓄のためにしていることは、ズバリ「買い物にできるだけ行かないこと」です。日用雑貨や食料品などは特に、毎日買いに行くと「あれもこれも」とつい余計なものを買ってしまいがちです。それが積み重なると、月々でも結構お金がかかっていることがあります。

決して馬鹿にはできません。そのような理由から、基本は保存できるものはまとめ買いをして、なるべく買い物に行かないようにすることです。買い物の回数が減れば減るほど無駄な買い物は減りますし、まとめ買いすることから一つ当たりの値段も安く買えます。

こういうちょっとしたことから削っていくことが、貯蓄をする上では大事なことなのではないかと私は思って実践しています。実際に私は食費などは、結構節約できています。

貯蓄の為に節約をしています。

財布を持っている女性日々の行動を思い返し無駄な事はないかと思い返すと沢山あります。例えばついついコンビニや自販機で飲み物を購入してしまう人が多いと思いますが、スーパーで同じ飲み物を買うとだいたい30円から40円も安く買う事が出来ます。

この方法で小銭が減らなくなったので、小銭貯金もしています。また、クレジットカード払いにする事でポイントがとても貯まります。

クレジットカード払いはしない人が多いイメージですが、ちょっとした買い物でもクレジットで払う事でポイントがたまり、貯まったポイントで様々な商品と交換したり商品券と交換できるので、ポイントを貯める事も節約の一つとしてオススメです。

格安でできるアイテム

もうそろそろ薄着の季節もやってきますよね。冬はコートなどで隠していた体型もあれ?ちょっと一回り大きくなっている?!なんてこともありますよね。そんな時は、自宅でこっそりシェイプアップしたいですよね。

一度初めてみようかなと思っているのがヨガ。でもこれをするためにヨガマットを購入しようとすると、1つ大体2000円位しちゃいますよね。でもダイソーで見つけました。なんと400円商品として販売していたんです。若干の厚さ不足を感じたりしますが自宅用なら全然OKです。

ボロボロになったらまた新しく買い替えもできるし、またヨガをはじめてみようかな?と初心者にもどんなものかと体験するときのも良い商品かもしれませんね。シェイプアップ道具のもう一つお勧めなのが、ストレッチゴム。こちらもダイソーで購入可能でお値段200円です。

他で買うと800円位しちゃうものなので、こちらもどんなものかとお試しに購入するときには本当に助かる商品ですが、実際に使用してみると適度に筋肉を鍛えるのにちょうどよい伸び具合などで、お試しアイテムがいつの間にか節約にもつながる重宝するアイテムに変わっています♪

医療費がかからないように

節約といってまず浮かぶのは無駄なものは買わないこととか、電気やガスや水道などの代金を節約する方法が浮かぶ人が多いと思います

でもそうした節約は確かに大切なんですが、頑張った割に少ししか節約できないなんて思いませんか?慣れない人がいきなり頑張り過ぎてお金よりもストレスの方がたまったなんてこともありますよね。

わたしがおすすめする節約法は健康でいることによって医療費がかからないようにするという節約です。ちょっと節約法としては反則だと言われるかもしれませんが、病気になることでかかる費用やロスを考えると病気にならないように予防しておくことは立派な節約につながる考え方だと思うんです。

でも健康のためといって高価なサプリメントをたくさん買ってしまっては節約にはつながらないですよね。そこでわたしが取り組んでいるのは徹底的に食事のバランスを考えることが節約だとかんじています。

ちょっと大変かもしれませんが、栄養のこととか体のこととかを調べて、どんな栄養素がどれくらい必要なのかをある程度把握することです。

そしてそれに基づいて1週間のレシピをある程度決めて買い物をします。そうすることで無駄な買い物や買い過ぎを防ぐこともできるので節約にもつながります。

そして栄養バランスがいいと風邪などを引きにくいですし、年齢を重ねてからの生活習慣病なども防ぐこともできます。

やっぱり食事は体をつくるもととも言えるので、多少お金をかけてでもこだわって行うことが大切だと思います。主婦にとっては決して楽なことではないですが、家族の健康はわたしが守る!くらいの気持ちでやっています。

食事に加えて毎週少しは運動するようにも家族で意識しています。これが運動だけでなく家族のきずなを強くすることにも役立っているので、我が家は元気で仲良しです。夫がよく協力してくれるのも本当に助かっています

最後はちょっとオノロケですね(笑)結婚15年目ですがラブラブです。節約も夫婦で協力すれば楽しいですよね!そんな仲良し夫婦をこれからもパワーアップできるように、自分なりに旦那様に尽くしていきたいです。

旦那の小銭が!

私の旦那は仕事から帰ってくると必ずポケットから今日使った残りの小銭を机に置いておきます。その小銭を私はこっそりもらい、へそくりにしています。本人は私が小銭をもらっていることは知っていますが、小さな金額なので全く気にしていません。

旦那は机に置く行為がもう癖になっているのか、最近は金額を見ないで置くことが多く、たまに500円玉が置いてあることもあります。へそくりを続けて8年ぐらいになりますが、なかなかのいい金額になってきました。

旦那は私が貯金していることを知りません。まして、こんなにも塵が積もればたまっているとは思ってもいないでしょう。先日貯金箱を開封してみたら、5万円近くありました。私の気分はウハウハです。今から何に使おうか顔がニヤけてきます。

旦那の前では「お金が無いから、毎日節約生活だよ~」と毎日のように愚痴をこぼしていますが、心の中では「ありがとう!これからもどんどん机に置いてね~」と笑っています。

旦那はお財布がぱんぱんにならずにいいですし、私はちょっとしたお小遣いができていい!お互いにウィンウィンの関係です。

オレンジの皮を活用

これはとくに、雨期である6月あたりにおいていえることですが、ある程度部屋の中を閉め切ったりなどをしていると、入居をしている物件によっては、ところどころにカビが生えることが多い傾向があります。

このような事態は、中でもアパートなどにおいて一人暮らしとかをしている方の場合のケースがある感じがします。そうはいっても、中々拭き掃除などをしたりする事は時間の都合などで、とくに一人で生活をしたりしている方の場合などでは大変面倒であるかもしれません。そこで、今から楽しくなるような、果物の生ごみを使用したカビ拭き掃除のやり方について触れてみます。

まずは食べ終わったオレンジの外の皮部分を用意します。それをあらゆる方法ですり潰し、入れ物に入れて雑巾に付着させて、それでカビが生えている部屋内の部分を拭き掃除します。簡単に汚れが取れるうえに、ある一定期間カビ生えが止まりますので、とても楽しくお掃除が出来ます

生活の知恵として教えてもらったことです。洗剤を買うよりもオレンジを買ってきてビタミン補給を美味しくした後は、残りを掃除に活用することで節約と清掃と健康に役立つというのはすばらしいですよね!

食塩ぬるま湯で予防

食塩ぬるま湯を利用した、『鼻うがい』による蓄膿(ちくのう)や鼻風邪などの防止法は大変効果がありますので、ぜひやってみる価値があるのかもしれません。小さめな洗面器にまずは食用塩を大さじ二杯分入れて、それを少し熱めのぬるま湯で溶かして食塩ぬるま湯にします。

その後自分の顔の鼻部分を交互に片方を指で押さえながら、片側ずつ鼻の孔でぬるま湯を吸い込みながら、それを口の部分で吐くことを何回か繰り返します。すると鼻水や鼻の穴にあった老廃物などが出てきますので、それで自分の健康チェックなども出来る点がありがたいといえます。

それだけではなく、やはりぬるま湯での食塩水ですので、浸みないので楽しくこれを行うことが可能です。体調が悪い時や冬場などにはうってつけの風邪予防法でもあるので、大変オススメです。また、同時にのどの奥のうがいも同時に出来るうえに洗面器さえあれば短時間で場所を問わず行えますので、本当に楽しく行える予防法といえます。

箒の活用術

節約につながる便利なグッズということで、箒を紹介したいと思います。皆さんも小学校などの掃除の時間に良く見かけていたかとは思いますが、ご自宅での掃除の際には掃除機が主流で殆ど使用する機会はなかったのではないでしょうか。そこで掃除機の電力を調べてみましたが、なんと一年間毎日、15分程度掃除機をかけるとすると約2000円程度の出費が発生するということが判明しました。

まぁ金額としては微々たる物ですがこれを箒で行えばその分の電力は節約可能ですし、そもそも掃除機代、機種によってはパック代なども抑えることが可能です。しかも畳やフローリングと場所を選ばず使用可能で、掃除機などでは届かない棚の奥、冷蔵庫の下の埃も隅々まで掃除可能、やりようによっては天井など高いところの埃も軽々と落とすことができます。

掃除機よりかなり軽いのでサッと掃くだけであれば案外、箒のほうが楽なのかも知れません。改めて先人の知恵というものは素晴らしいものだと実感させられました。

友達の機転で

私は小学生の頃、少ないおこづかいから駄菓子屋でお菓子を買うのが一番の贅沢でした。私の男友達の中ではガムを噛むのが当時流行っており、フィリップスのガムという10円ガムが値段も手頃で良く買っていました。ある日友達と遊んでいた際にガムを買おうという話になり、1人10円出し合って5人分のガムをじゃんけんで負けたやつが買いに行くという話になりました。

じゃんけんが弱い私は案の定買いに行くことになりました。普段は駄菓子屋で買っているのですが、ちょうど遊んでいた場所から遠く、駄菓子屋まで行くのが面倒だったため、近くのコンビニで買うことに決めました。レジの前にあるフィリップスのガムを5個手に取り会計をしました。

50円をレジに置き、店員がレジ打ちを終えるのを今か今かと待っていると衝撃の発言が。「52円」になります。一瞬頭が真っ白になりました。そうです、普段の駄菓子屋では消費税が付かないため、所謂まとめ買いをして買っており、同じ要領でコンビニでも買ってしまったが為に50円の代金に当時消費税1.03%が付き、50円オーバーとなってしまいました。その時、手持ちが他になく呆然としていると、店員からお金が足りないのでしたら4つにしますか?と提案され渋々了承しました。

じゃんけんで負けて買い出しに行かされ、尚且つお金が足りず4つしか買えなかった=自分の分がないということでかなり落ち込みながら皆のもとに帰りました。落ち込んだ面持ちのまま、買ったレジ袋を当時優等生だったAに渡した際にAは何か私の異変に気付いたようです。何かあったのか?と聞かれたため、先程あったことをみんなに打ち明けると、Aは少し考えたあとに思いがけない提案をしてくれました。「10円なら消費税付かないよ。一旦返品してみんな1人10円で自分の分を買おうよ。そうしたらK(私)の分も買える!」。

私にとってはその時Aの発言が神の一声のように感じました。それから店員の人に返品のお願いをして50円を返してもらい、5人レジの前に並んでフィリップスのガムを1人1個買って事なきを得ました。店員さんが苦笑いしながらレジ打ちしていたのを今でも覚えています。

あの日以来、私はコンビニに対するトラウマを持ってしまい、お菓子を買う場合は駄菓子屋でしか買わなかった記憶が鮮明にあります。今でさえ、ほんの数円なんて、と思ってしまうものでも当時お金がない小学生では死活問題です。本当にあのとき、私の気持ちを読み取ってくれたAに感謝したいと思います。

100円ショップで便利グッズ

お得で激安な使えるグッズとして100円ショップで買った「立つしゃもじ」をご紹介します。炊飯器にしゃもじを立てる部分がないものや、ご飯を盛ったらすぐ置ける場所がないということがあると思います。そんなときに立ってくれるしゃもじがあるととても便利です。

ご飯を盛ってから、冷蔵庫にあるものをすぐ取りに行きたいというようなシチュエーションですぐ置く事ができるので平らであればどこでも置くことができ、汚れることもありません。

特にしゃもじの表面がざらざらしているものがおすすめです。表面がつるつるのタイプはご飯がくっついてしまうことが多々ありますが、これがあるとご飯がしゃもじにくっつかないのでストレスもありません。100円ショップの商品は作りが悪いと思われがちですが、この商品は非常にしっかりしていて折れたりぺらぺらで使いにくいといったこともありません。100円ショップに立ち寄った際には是非探してみて下さい。

私がしている節約術!

私はまだ10代ですが、同棲生活をしています。その中で相手の収入と自分の収入で生活費などを考えていかなければ生活ができないと思い、節約をするようになりました。

一般的に無駄遣いをしないなど節約する方法としてあげられることが多いですが、その具体的な例がネットなどではわかりません。その中でいかに無駄遣いをしないかを紹介しようと思います。

私と一緒に暮らしている相手はパチンコ、お菓子、自分へのご褒美といった無駄遣いがかなり多い人でした。しかしその人を私のやり方で貯金ができる人に変化させた方法としてまず、お小遣い制にしました。

私が相手の収入と自分の収入を管理し、日常で必要と思ったものをリスト化して買っていいものや時々買っていいものなどを全て書き出して、いらないものに使ったらその分を次の月のお小遣いから減らすことをしたら相手の無駄遣いは無くなりました。

私も以前はそのような無駄遣いが多かったのですが、相手と同じように全てリスト化し時々の休息として外食を年に1回などのペースでするようになると私も貯金ができるようになりました。

誰かといるとお互いを見ることができるのでこのリスト化はすごく使える節約術ではないかと思います。

ゆでたまごを簡単に剥く方法

ゆでたまごを簡単に剥く方法です。まずたまごの下の方に包丁の角の部分を軽くコツンとあてます。強く当て過ぎないのがポイントです。あとは沸騰したお湯に塩を少々入れ、卵を入れるといいだけです。そうするとゆでる時に包丁を当てた部分から気泡が細かく出でくるので確認できます。

空気の層ができ、剥くときに簡単にするっと剥けるのがとても気持ちがいいですよ。茹で上がったら冷水にしばらく浸し、細かく殻を割るのもポイントです。このとき中身まで割らないように優しく殻を砕きます。私は少し手で揉むようにしています。あとはたまごの薄皮を剥くとつるっと綺麗にむけます。

賢いケチになって絶対にお得な生活を!

わたしはお金に関してはちょっとケチです。なので一度に大きなお金を払って買い物をするのは好きではありません。かといってローンを組んだり分割で支払うのもあまり好きではありません。

どうしても安いものを探してしまいます。きっとこういう気持ちは皆さんもありますよね?ある時インターネットオークションで買い物をしようと思い商品を探していると、ちょうど私のほしいものが見つかりました。値段も予想以上に安く即落札をしました。内心どうしてこんなに安いのだろうと不思議に思いながら落札したのですが、出品者の評価や口コミを見ても特に問題なさそうでした。

落札したあと商品説明文をよく見てみると、送料が普通に宅急便で送付するより高くなっていました。商品の値段を底値で売って、送料で多少儲けるという手法に引っかかってしまったのです。そして実際届いた商品も、写真で見た印象と少し違っていました。

後日ほかの人が同じような商品をオークションに出品しているのを見ましたが、商品の価格は私の買った時のそれよりだいぶ高かったですが、送料が良心的な価格だったので、商品と送料の合計は私よりも安かったです。

詐欺にあったわけではありませんが、「安い」というところだけを重視した結果思わぬ落とし穴に遭ってしまったという経験です。やっぱり、全部をキチンと確かめないと本当にお得かどうかってわからないですよね。ケチであることは悪いことではないと思いますが、今度は賢いケチになりたいと思っています。

☆まとめ☆

光熱費を減らすために、服装に気を付けたり、100円ショップを有効活用するのも一つの方法です。捨ててしまいそうな野菜や果物の皮を使うのも賢い知恵ですね!


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。


同ジャンル・関連ページ