今度生まれ変わるなら男性女性どっち?

次に生きられるなら別の誰かに生まれ変わりたいと思ったことがありますか?「オトコがよかった!」「オンナになりたかった!」そんな風に考えたことが皆さん一度はあると思います。男女同権といっても、それぞれの性別で特性やメリットがありますので、異性の生活や体をうらやましいと思うことがありますよね。

逆に、やっぱり自分は今の性別でよかったと感じることもあります。ですから「どっちの性別がいい?」という質問はみんなが興味を持っているテーマだと思います。「生まれ変わるなら」というのは飲み会とかコンパでも絶対に盛り上がれる鉄板のネタの一つですよね。

そこで、生まれ変わるならどっちというタイトルで体験談を集めてみて、皆さんがどう考えているのかを集計してみました。飲み会やコンパに備えて情報収集をするのもいいですし、自分ならどっちかなぁと考えながら軽くよんでいただくこともできます。無条件にみんなが楽しめる情報となっていますよ!

楽しいひと時を過ごすのに役立つと思いますので、ぜひ最後まで楽しんでください。

☆ポイント☆

バリバリ働きたい!あるいは女の子として輝きたい!など理由はそれぞれですが、意外と皆さん今の性別が気に入っているような結果が大勢を占めるものとなりました。でも今ないものへの憧れもやっぱりありますよね。

なりたい職業に向かって突き進むなら

もしも生まれ変わったら男に生まれ変わりたいです。今の性別は女で、色々と面倒くさい事が多いので男性に生まれ変わりたいと思います。男性に生まれ変わったら、毎日毎日スッピンで会社に行けたりお出かけできるなんて夢のような話です。今は化粧に時間がかかるので、化粧時間も兼ねて早起きが必要なので男性になったら朝ゆっくりと寝ていられると思うだけで幸せです。

また女子は若い人が人気ですが、男は歳をとっても魅力的な人も多いのが羨ましいです。ただ女に生まれ変わりたい気持ちもあります。女は映画のレディースデイがあったり電車も女性専用車両が設けられていたり、また専業主婦という素敵な職業もあるので女に生まれ変わるのも魅力的です。

男性は仕事で成功したら良い人生を送れるイメージなので自分が男子に生まれ変わったら、なりたい職業を早くに見つけ出してその職業に向かって突き進む人生にしたいです。

ちなみになりたい職業というのは漠然としていますが、人のためになるような仕事です。警察官とか消防士なんかもいいなぁと思います。体を張った仕事で誰かに貢献できればいい人生だったと心から思えそうです。

女に産まれたいです。

今度生まれ変わるなら、迷いましたがやはり女に産まれたいです。女は、子供の頃の人間関係がとっても面倒でしたが、ある程度成長してからは明らかに女で得だったなと感じる事が多かったからです。会社でも、女であることで多少なりとも優遇されましたし、結婚退職することも出来ました。

仕事をずっと続ける事にストレスを感じていましたが、性別が逆だったらいくら稼ぎのいい妻と結婚してもなかなか専業主夫になろうという勇気は持てなかったかもしれないので。

学生時代も女の担任はやはり男子をひいきする人が多かったですが、男性教諭が多かったので優遇されたり可愛がられました。同じ忘れ物をした時に一人じゃ怖いので男子と一緒に謝りに行ったとき先生が男子だけコテンパンに怒っているのを横で見て逆の意味でぞっとしたこともあります。

一番嬉しかったのはとても痛くて大変だったけど子供を産んだことです。あんな感動的な体験を間近で見ていたから夫も産みたいだろうなと思うのでそこが一番のポイントです。

子供産むって一番の痛みであり大変な事ではありますが、人生で代えがたい経験と喜びを与えてくれる機会でもあるので絶対にこれだけはまた経験したいです。

心の底からまた女として生まれたい!

もともと生まれ変わっても女がいいとは思っていたんですが、最近、心の底からまた女として生まれたい!と思えるような出来事が起きました。

なにがあったかというと、ズバリ『妊娠・出産』です。一度流産を経験しているから余計にそう思うのかもしれませんが、お腹の中で赤ちゃんが育つこと、そして生まれることのすごさ、それを大きく感じて本当に幸せな経験ができたと思っています。

もちろん出産は想像を絶するレベルで痛いんですけど、自分が生まれてきたことの意味みたいなものすら感じるほど感動する経験だったので、もし生まれ変わったらまた妊娠、出産したい、と強く思うので、そこからやっぱり生まれ変わっても女に生まれたいと考えるようになりました。

その子も今2歳。いたずら盛りですが・・・やっぱりかわいいです。特に寝顔。寝顔を見ていると自然と顔がにやけてしまうほどです。こんなにかわいい生き物がこの世の中にいるのか、と思えるくらいのかわいさ、ここまで思えるのは女だからこそだと思います。

また女がいいです。

生まれ変わるならまた女がいいです。しかも今度は女子力が高くて女の武器をとことん使う真の女性になりたいです。私は今ずぼらな主婦なので、若いうちにもっと恋愛をしておけばよかったと思っています。でも、もう既婚者だし出来ません。だから生まれ変わったら巻髪して、仕事帰りにネイルサロン、エステとか行って「趣味は自分磨きです!」なんて人前で堂々と言ってみたいです。キャラも女子を出していって、誰からも可愛がられたい

けど、女友達も多くみんなでメイクの話したり女子会的なのもやりたいです。同性からも素敵だなって思われたいな。そして素敵な彼氏を見つけて週末は夜景をみたり、海外旅行行ったり、将来的には誰もがうらやましがる結婚式場で盛大に結婚式あげたいです。

男子だったらこんなこと出来ないけど、女子だったら若さがあればメイクで顔とか変えられるし、誰もが変身できるチャンスがあります。

女子ならではの楽しみってたくさんあるので、こういう本当に女の子らしい楽しみをもう一度味わいたいというのが願望ですね。でも今からでもしっかりと自分磨きをしていきたいですね。

私は男性に生まれたいです

私はアラフォー主婦です。今度生まれ変わったら私は男子に生まれたいです。そして患者さんの気持ちに寄り添える素晴らしいお医者さんになりたいです。腕もものすごくいいのに、ものすごく気さくなお医者さんに憧れます。患者さんの心までもケアできる、そんなお医者さんが理想です。毎日たくさんの患者さんの診察をして病気を治してあげたいです。

今は女として、仕事、出産、育児、家事などたくさんのことを経験しました。ですから今度生まれ変わったら仕事一筋で医療の道を究めてみたいのです。かなり必死で勉強をしなければ無理なことは確かですが自分の限界を試してみたいです。

ただただ患者さんのために人生を捧げてもいいくらいの気持ちで頑張りたいです。でもそんなに働いたら経済的にも裕福になりそうですね。それもまた楽しみの一つです。医療の分野はまだまだ発展していくと思うので、そうした分野で思いっきり働くのはすごいやりがいがあると思います。

男女同権といってもやはりそれぞれの性質もあるので、同じように働くのが難しいのは事実だと思います。そうであれば次は仕事に生きる人生で自分の限界までの力を試して社会に貢献したいですよね。違う自分を味わってみたいという感じです。

バリバリ働く男性になりたいです!

今度生まれ変われるなら、バリバリ働く男になりたいです。今は、子育てに忙しい毎日を送っている専業主婦なのですが、緊張感がなく毎日同じことの繰り返しなので、刺激があまりない日々です。営業など、自分で仕事を取ってくるような仕事に憧れを持っています。

父親が営業をやっていたので、それを見ていて大変な仕事のようでしたが、バリバリ働く姿はかっこよかったです。実際に営業は大変な仕事だと思いますが、仕事が取れたときの喜びは大きいものだと思います。

一度でよいから、朝から晩まで仕事のことを考えてばりばり働きたいと思います。自分の力で仕事を取ることの大変さを勉強したいです。仕事を取ってこれなければ、即自分の首につながるという緊張感を経験したいです。

営業は敬遠されがちな仕事ですが、とても奥が深いと思います。どういうふうにすれば営業成績が上がるのか学ぶことはたくさんあると思うので、やりがいもあるし勉強のしがいもあります。

多分、苦労や大変な思いをしながらも仲間と何かを成し遂げていくっていうことにちょっと憧れているんだと思います。男同士の友情というか連帯感みたいなものを味わってみたいんだと思います。

主婦は子供育てるという一大プロジェクトを行っていますが、もっと大勢の人と協力してプロジェクトを成し遂げるという喜びも経験してみたいですね。

男性がいいです。

私は今度生まれ変わるとしても男子がいいです。その理由は3つあります。第1の理由は私は極度のめんどくさがり屋なのですが、現代の女子のように人前に出る度に丁寧に化粧を施し自分を取り繕っていける気がしないからです。

化粧に限らず、エステやネイル等、女子は自分の身を美しく保つことに拘りを持っている方が多く、その姿勢は普段から尊敬していますが、自分がその立場になると思うと同じように振る舞っていける自信がないので今のように男性として髪型と服装を整えるぐらいが丁度良いと感じています。

第2の理由は、趣味のボウリングを極限まで極めるためには男の身体の方が都合が良いからです。やはり女と男では身体つきが全く別物です。筋肉の付きやすさも同じトレーニングを積んだところで全く違います。そういう意味で生まれ変わるとしても力強いボールをダイナミックなフォームで投げられる男性が良いです。ボウリングに限らず他のスポーツをやるにしても同様に、男性の方が有利に働く局面が多いと普段から感じています。

第3の理由は、生まれ変わっても今大切に思っている女子を愛したいからです。例え生まれ変わったとしても、今の自分の目に魅力的に映った女子と恋に落ちたいです。以上、3点の理由から私は生まれ変わるなら男性が良いです。

男になりたいです

私は女ですが生まれ変わるならズバリ、男になりたいですw女としてこの世に生まれ早31年。幼い頃から女特有の群れつくって行動したり裏でこそこそといない人の悪口を言ったりネチネチした関係がなんだかなぁ?……と、思っていました。大人になった今でもやはりそういった事はあります。

男を見ていると本当にさっぱりしていて他人にあまり関心がなく、でも男友達同士で集まっている姿を見ているとおふざけが楽しすぎます??もし男になったら合コンをたくさんして可愛い女の子とたくさん付き合いたいです??そして可愛い女の子をゲットしたら男友達に自慢して話のネタにしたいです(笑)

男は女ほどお肌のお手入れもないですし、歳をとって老けてもそれがまたダンディーだったりしますしお風呂あがりもスッポンポンでいいですし、何より出産しなくてもいいです??これは本当にいいなと思います。でも、なんだかかんだ言いましたが男は男で一生稼がなくてはいけませんし、力仕事は当たり前のようにしなくちゃいけないし、毎日毎日ヒゲは剃らなくちゃいけないし結構大変な事もたくさんあるんですよね。

男として生まれ変わるのがいいだなんて、ひょっとしたら私の甘い考えなのかもしれません……。どちらが楽なのかという質問の答えは難しそうですね。ですから何をしたいかでどちらがいいかが決まるという感じでしょうか。

今度生まれ変われるなら男がいいです。

今度生まれ変わるなら男がいいです。今は男としてこの世で生きてます。今度も男がいいです。理由は、スポーツ大好き人間だからです。今度生まれ変わるならプロスポーツ選手を職業にしていたいです。女でもプロスポーツ選手にはなれますが、極められるのは男だと思います。女になれば化粧ができたり、オシャレを楽しんだりと楽しそうなことがあります。私の場合は、それよりも可愛い女性と付き合いたいという願望の方が高いです。

女性は神聖な生き物ですからね、自分がなるよりも、神聖な生き物をいつも見ていたいです。1つだけ迷ったのが出産です。男には体験できないですから、自分で子供を産んでみた時の母性ってどんな感じなのかを知りたい部分ではあります。

今度生まれ変わるなら男がいいと言いましたが、容姿は男前でなくてもいいです。普通レベルの男なら十分です。ほんとスポーツが好きなので、もう一度生まれ変われたら、小さい頃からスポーツを徹底的にやって世界の舞台で勝負できる選手になりたいですね。テニスの錦織くんとかみているとワクワクしますよね。

迷わず女として生まれてきたいです。

私は女性です。もし生まれ変わるとしても迷わずオンナとして生まれてきたいです。なぜなら、まず女性は子供を産む事が出来ます。私は出産を経験していますが、出産の喜びと感動はやはり女性にしかわからないもので、女性にしか味わえないものだからです。出産を経験して、女性に生まれてきて良かったと改めて思うことができました。次に女性は、おしゃれの幅が男性に比べて広いように思います。

男性が着るような服はたいてい女でも着用できますが、男性はおんなのこが着るようなスカートやワンピース、また服の色に関しても制限が多い気がします。そして何より、女はお化粧をすることが出来ます。

化粧をすればかなり変化することができるというのは女子だけの特権だと思います。お化粧ひとつで自分が思う理想へと近付けますし、お出かけやイベントなど普段の時もですが今日はこうしてみよう、こんな色を入れてみようと楽しむことができます。

今は整形級メイクという言葉もあるぐらい、化粧は人生を豊かにします。男性よりも喜びや楽しいことが多い気がするので、私はもし生まれ変わるとしても女性に生まれてきたいです。

今のままで女性がいいです。

私は今度生まれ変わるなら、今のままで女性がいいです。理由は、男性よりも女性の方が行動制限が少なく、お得な気がするからです。例えば、女性が男性誌を見ていたり、男物のファッション売り場に行っても周りから白い目で見られることはありませんが、逆にこれを男性がしたら大変なことになると思います。

また、女はレディースデーなど、様々な場面でお得な待遇を受けることができます。最近はなんでもレディース割引みたいなのが多くなってきているので本当に良かったと思います。

女性は、化粧やお手入れが大変だったり、女性であるがゆえに入れないお店もあったり、おんなのくせに!と時には非難されることもあるかもしれませんが、私は女性として毎日、ネイルやヘアアレンジ、メイクなどの色んなおしゃれを楽しんだり、女性限定企画に参加したりと充実した時間を過ごしています。

もし、私が男性だったらこんなにのびのびとした時間を過ごせていたとは思えません。男性は外に出たら七人の敵がいるというようなことを体験談か何かで聞いたことがあります。そういう意味でも私はまた来世でも女性に生まれ変わることを願っています!世の中の男性には本当に感謝しないといけないですね。

☆まとめ☆

女子ならではのメリットに注目される方もいれば、男として仕事に生きてみたいというスタンスの方もいます。ちなみにわたしは男としての今の生活とやりがいに満足しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です