【大評判】口コミ体験談で人気のお取り寄せの通販|ココカラで購入を!

ぐっすり寝たい|不眠症の解消に何が効くかは皆の悩み解決法

不眠の女性

不眠症の解消に何が効くかは
皆の悩みの解決法から!

不眠症の悩みをみんなどんな方法で解消してるの?

不眠症で悩む方が最近は多くなってきているとニュースなどで報じられていますよね。本当は疲れていて寝たいのに寝れないことほどツライことはないですよね。

疲れているのに眠れない、そして寝れないから次の日さらにしんどくて仕事の能率も上がらない。こんな悪循環に陥っている人も増えてきているそうです。

ストレス社会といわれますが、本当にツライこの不眠症をなんとかできないのかと悩んでいる方にぜひ必見の解消するための口コミ情報をここではご紹介します!

みんなが不眠症を解消するのに役立った体験談を集めてみました。ハーブやアロマだけでなく、ちょっとした日常の行動が不眠症の解消につながるなどのビックリするような簡単なコツもあります。

悩んでいるあなたが、これを読んで不眠症から解放されて笑顔で朝を迎える事ができれば本当にうれしいことです。きっとあなたの役に立つ解消方法も載せられているはずです。

体調を壊してしまう前に、自分に落胆しきってしまう前に、ぜひいくつかの解消のための提案を試してみてください!それほどお金をかけずにできる体験談に特に注目しましたので、節約や倹約を意識しているかたにもおすすめですよ♪

日常の悩みとして不眠症の解消は若い人からお年を召された方まですべての人に役立つ情報だと思います。ご自分で試されるとともに、ぜひ解消方法を探している友人やご家族にも伝えてあげてくださいね!そうすればみんながハッピーな生活へと少しでも進んで世の中もよくなっていくはずです(^^♪

ポイント

「寝たいのに布団に入ったとたんに目がさえてきてしまう」、そんなツライ悩みを軽減したり対処するのに役立つ食事や飲み物、ちょっとした習慣があります。効果は人によって異なりますのでまずはどれか一つを試してみてだくさい。ダメだなと思ったらまた別のものをチャレンジしているという形です。きっと悩みを軽減させる良い方法があなたを待っています。

おすすめのハーブティー

最近眠りが浅く朝がつらいので姉に相談したところ、ハーブティーとアロマオイルを紹介されました。ハーブは気持ちを落ち着かせる効果があります。落ち着くことで良い眠りに導こうというわけです。コーヒーや緑茶と違ってカフェインが入っていないのも眠りの為に嬉しいですね。

ハーブと言っても種類は様々。良い眠りに効くものもありますが逆に元気になるハーブもあるので、欲しい効能に合ったものにしましょう。眠りに効くハーブはカモミール、レモングラス、ペパーミント、セージ、アップル等々です。これらを単品で飲むのもいいですが何種類か選んでブレンドするのがおすすめです。

清涼感のある自然の香りに癒されます。飲む時間も大事みたいです。眠る直前に飲むと胃腸が刺激されて目が覚めてしまいますので、眠る1時間前くらいに飲んでおくのがベストかなと感じています。あとは枕元にリラックス効果のあるアロマを置きます。リラックス効果があると有名なのはやはりラベンダーでしょうか。

匂いがダメという方はそのオイルが天然のものか調べてください。香料を混ぜたような人工的なものは香りも効果も違います。ぜひ天然精油100%のアロマオイルを使ってください。私は庭でラベンダーを育てているので、それを乾燥させて枕元に置いています。

自然でほのかな香りでリラックスできます。不眠で薬に頼る前にぜひお試しください。副作用がないというのが一番のお勧めポイントです。

眠りは人間にとって回復と成長の時間ですので大事に考えるべき習慣です。それだけにお金をかけてでも良質のものにチェンジする必要もあるかと思います。

アロマやハーブなどの自然由来のものですと副作用もそれほど多くないと思いますので、先ほども述べましたが病院や薬に頼るまえにやってみる価値はあると思います。

お風呂は最適温度で

寝ている男性私はどちらかというと長い眠りを必要とするタイプです。たくさん寝ておかないと次の日はつらいです。私が良く眠るためにしていることはお風呂です。お風呂に入ってリラックスしてほどよく疲れることでよく眠れます。お風呂で体を温めてそのまますぐに眠る人もいるみたいですが、実はお風呂に入った直後は体温が上がり過ぎていて眠りにつきにくいのです

人は眠ると体が温かくなりますが、決して体温が上がっているわけではないんですよ。眠るときは体の熱を放出するので体温は下がるのです。体温が下がる時に眠くなります。なのでお風呂から出た直後よりもお風呂から出て一時間ほどたってから寝た方が眠りにつきやすいですよ。これは寝れなくて悩んでおられる方の悩みを解消するために役立つと思います。

体温を下げるために薄着になる必要はないそうなので、湯冷めしないように過ごしてください。お風呂の温度は熱すぎずぬる過ぎない40度くらいがおすすめです。40度だと長風呂はできませんので30分以内には出るようにすることをおすすめします。

お風呂から出た後は部屋の明かりを少し暗くして、目から入る余分の刺激を減らし良い眠りになるようにしてくださいね。

刺激という面では、寝る前に刺激の強い食べ物とか飲み物を避けるのも大事なポイントで注意が必要です。

寝酒をして寝ると途中で起きるという方も多いようですから、アルコールに頼るよりは、別の方法を考える方が効果的かなと自分では感じています。

太陽の光が効果的!

不眠症の解消には、とにかく朝起きたら太陽の光を浴びること。これが一番です。私は生活上のストレスから不眠症になり、長いときは一年くらい夜眠れないことが続きましたが、この解消方法であっさりと解決しました。

当時は不眠症が長期間続いており、疲労がどんどん蓄積され精神的にも体力的にも限界に達していました。薬に頼るのはあまり気が進みませんでしたが、もうこなったら最後の手段しかないと、睡眠薬を処方してもらうために訪れた心療内科で教わった方法です。

あっけないほど簡単な方法に半信半疑でしたが、診療を担当した医師の『僕もこれで不眠症が治ったんだよ』という言葉を信じて実行したろころ、その日から徐々に眠りにつく時間が早くなり、一週間後には夜12時前に熟睡できるようになりました

夜の事なのに朝起きてすぐに太陽を浴びるという事になぜ効果があるのかは、文系の私には科学的根拠はよく分かりませんが、お金も手間もかからないので、不眠に悩んでいる方には一度試してみることをおすすめします。

この方法で体の体内時計のリズムを正常に戻すのに役立つみたいですね。自分でも適度な運動をするなどしてリズムを正常に保てるように努力しています。色々と自分の体の事とかを知る機会になったので、これからはもう少し健康に気を付けて生活しようと思っています。

寝る前にリラックス

寝付けないことはとてもつらいことですよね。部屋を暗くしていざ眠ろうとしても目がさえてしまい、眠ったとしても眠りが浅くすぐに目覚めてしまいます。1時間ごとに時計に目をやり、そのまま朝を迎えてしまうことなんてよくあることです。

「眠らなくては…」と意識すればするほど眠れなくなるという悪循環は誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。そんな悪循環を断ち切るには、リラックスすることが大切です。簡単にリラックスできて効果絶大なのが「呼吸」です。その呼吸法は次の通りです。

1、鼻からゆっくりと3秒かけてゆっくり息を吸う。

2、ロウソクを吹き消すように口をすぼめて、6秒間でゆっくりと口から息を吐く。たったこれだけです。

呼吸に意識が集中するので、いろいろと睡眠の妨げになることを考えずにすみ、ゆったりとした呼吸がリラックスさせてくれます。これなら特別な準備も不要で時間もかかりません。大切な睡眠時間が心身ともにリラックスできる時間になるよう、簡単に誰でもできるこの呼吸法を取り入れてみてはいかがでしょうか。ちょっとの努力で長く健康でいられるならいうことないですよね。

好きなことを少しする

私は不眠症の時期がありました。なかなか寝付けなく気づいたら朝になっている、なんていうことはざらにありました。寝るために、電気を消して無音にして目を閉じてじっとしたり、筋トレをして体を疲れさせてから休むなどをおこないましたが、寝付けるまでにはいきませんでした。

ある時テレビを見ていると、寝る前に好きなことをすると睡眠に一番いいと言っていました。私は逆なんじゃないかと最初は半信半疑でした。好きなことをすると気持ちも高揚し、もっと好きなことをしていたいと思って寝れなくなるんじゃないかと感じたからです。しかし、不眠症が続いていていまだ試したことがなかったので試してみようと思い実行しました。

私が好きなことは、お笑いの映像を見ること、漫画を見ること、甘いものを食べることです。まず漫画で試してみました。読んでいくうちに楽しさも出てくるのですが、不思議と「今日はここでやめよう。次は明日にしよう」という気持ちもうまれ、ノンストレスで就寝することができました。

ほかのお笑い映像や甘いものを行ったときでも同じ感覚が生まれ、心地よい睡眠がとれるようになりました。好きなことをあえて行う事でストレスから頭や体を解放してあげるという逆転の発想が不眠症に効くんだと学ぶことができました。

自分がリラックスするためには心地よい気持ちを持てるようにすることが大切なので、一日の終わりに自分にご褒美をあげるというような感覚で好きな事を一つするようにしています。少しでも自分にご褒美をあげて一日の満足感を味わせてあげると体はリラックスするのかもしれませんね。

鍼で症状改善!

私自身早朝型不眠症でした。夜どれだけ遅く眠りについても2,3時間後には目が覚めてしまい、その後は眠気、疲労感じているものの眠れない事が半年以上続きました。不眠症には様々な原因があるので一概にこれがいいとは断定できませんが、解消するためにいろいろ試した中では鍼が効果的でした。

鍼治療行う前にいくつか病院で診察により自律神経失調症と診断され、不眠症もその症状のひとつでした。鍼灸師の方にはその旨すべて伝えた上で治療にあたっていただきました。鍼で刺される恐怖もありドキドキしましたが痛みはなく、むしろ治療後は全身がすっきりした感じがしました。

ただ効果はそれほど持続せず不眠症の症状が改善されることはありませんでした。効果が出ないことに不安を感じていましたが、週一回の通院を二か月ほど続けるうちに、ふと以前ほど早朝に目が覚める回数が減ってきていることに気づきました。その後通院を続け半年経った現在不眠症の症状はほとんど現れておりません

あきらめるずに続けていくことで体質や気持ちを穏やかに変えていくのかもしれないなと感じました。効果を疑わずにしばらくやってみてください。

お日様とトリプトファン

起きる女性ストレス社会と呼ばれる現代においてストレスからくる不眠症の人も少なく無いと思います。私もその一人で、寝るとまた明日が来てしまう。なんて思ってしまって寝れなくて翌日だるいという悪循環でした。そこで何が不眠症解消にいいのかなあ…なんてぼんやり考えるようになったんです。

まずは、お日様に当たるといいみたいです。調べてみるとどうやら人間の体はお日様に当たると幸せホルモン(セロトニンというらしいです)が分泌されて、体内時計もリセットがかかり頭がすっきりするそうなんです!単純な事のように思えて結構大事なんですね。物は試しと休日にお散歩にでてお日様になるべく当たるようにしてみましょう(運動も効果的みたいなので)!

次に効果的な食事を取ること。次にこの幸せホルモンを出すのを助けるトリプトファンという成分があるようなんです。このトリプトファンは、ご飯バナナお肉牛乳ヨーグルトなどなどに含まれているもので、継続して取ることで不眠症に効果があるみたいですね!昔朝バナナが流行りましたけどバナナはやはり栄養価の高くていい食べ物ですね♪

毎日バナナ、というのも飽きそうなので試しにトリプトファンの入っているサプリメントを試してみました。すると日頃の散歩によるお日様パワー(?)とサプリのおかげか、ぐっすり眠れるようになりました。

その日の通勤途中は普段気が付かなかったお店とか景色に触れて「ああ、こんな風だったんだなあ」と発見もあってとても清々しい気分でした。結論!寝れない時はお日様とサプリメント!覚えておくといいかもしれませんね♪

幸せホルモンをぜひ皆さんも意識してみてください!できればサプリメントに頼る前に自分で毎日少しでもお散歩をしてしっかりと日を浴びる事をまず考えてみてください。お散歩や環境を少し変えてみることにはリラックス効果もあると思いますのでその方が効果的です。

ツボ押しでグッスリ

眠りたくても眠れない不眠症に悩み、色々な解消方法をこれまで実践してきました。その中で、わたしにとって特に効果的だった方法を2つピックアップしてご紹介いたします。

まず1つ目は、足浴です。お風呂もしくは大きめの洗面器(私は足浴用のおけを購入しました)に45度くらいのお湯をためて、15分ほどつかります。足があたたまると眠気が来るので、その眠気がある内に布団に入ります。金銭的に余裕があればフットバスもオススメです。

2つ目は、ツボ押しです。不眠症に効くツボは、調べてみると沢山あるのですが、今回は個人的に効果のあったものだけお伝えいたします。不眠症に効いたツボは失眠(しつみん)と神門(しんもん)です。

失眠は足裏のかかとの中央にあり、ふくらみのある部分です。お風呂上がりで皮膚がやわらかくなっている時だと押しやすいです。神門は手首の内側(小指側)にある骨(関節)と手のひらの間に位置します。骨と骨の間のくぼんだ部分で、手首の側面にあるので分かりやすいかと思います。お風呂に浸かっている時や、仕事・勉強の合間などに押してみて下さい。

今回の記述は個人的に効果のあったものですが、不眠症に苦しんでいる貴方にも効果があることをお祈りいたします。他の方法も色々と勉強してみたいですね。自分の体の仕組みを知れば知るほどワクワクするような驚きもあるので、本当に人体の造りってすごいなぁと感動します。

入浴剤にこだわり

不眠症の解消には心身のリラックスをすることが一番です。ラベンダーの入浴剤を使うと他の入浴剤に比べて、うとうとしやすいです。部屋などもアロマや芳香剤を置いてリラックスできるようにします。寝室だけアロマも良いでしょう。

寝る一時間前くらいから照明を暗めにするとうとうとしやすいです。この時はテレビやスマホで目を刺激しないようにしましょう。もう一つおすすめしたいのですが、頭のツボを押すことも効果的です。頭のてっぺんのつむじあたりの皮膚が上下するやわらかいところがツボです。

そこを寝る前に人差し指と中指の二本ほどでグッと押さえます。少し痛いかくらいがちょうどよいです。もう一つのツボは耳の後ろあたりにあります。耳の後ろの顔のラインの下あたり、こめかみを直線的に降りていくあたりです。

少しリンパにちかいのですが、グッと押さえると眠りやすいです。この二つのツボを押すと驚くくらい次の日の朝がスッキリしています。これを押してから寝ると短時間でも熟睡できます。

ストレッチとミルク

不眠症解消には眠る前にからだをリラックスさせることが効果的です。軽く、ご自身が気持ちよくかんじる程度に身体をストレッチするのが良いです。また副交感神経を刺激することがよく眠る鍵になってきますので、深く深呼吸したりすることが良いです。

そのほかには、眠る一時間くらい前にお風呂に入りましょう。眠る直前に入ってしまうと、交感神経が刺激されて、寝つきが悪くなってしまいますので気を付けましょう。眠りがなかなかおこってこないときは、温かいミルクを飲むと体がぽかぽかとあたたまって、ねつきを良くしてくれます。

あとは、ご自身の好きなアロマオイルなどを焚くと、更に副交感神経が刺激されて、気持ちの良い眠りにつくことができます。眠りを誘うために、ねる一時間前くらいからはできるだけ携帯電話やテレビなどの視覚からの刺激は避けるようにしましょう。これらのことに気を付けると、気持ちの良い眠りにつくことができます。

浮力のリラックス効果!

不眠症解消にはこれが効く!それは言うまでもなくお風呂、つまり「入浴」です。自分も極度の不眠症に悩まされてますが、適温の温かいお湯に好きな入浴剤を入れ、身体がぬくぬくするまでゆっくりとつかると自然と眠気がやってきて、お風呂に入った後はぐっすり眠りにつくことができます。

水の中で重力から解き放たれ、身体がリラックスできるというのは思う以上に癒しなのですね。どれだけ地球の重力が人間に負担を掛けているのかがわかります。また、お風呂には水圧効果というものがあり、一日の疲れ切った筋肉などをマッサージすることなく水圧の力で解きほぐしてくれるというラッキー作用もあるのです。

パンパンにつかれた足、凝り固まった筋肉、それを一度に水圧がほぐしてくれるわけですから、疲れがどっと解きほぐされて解消されてゆっくりと眠れるのも納得な効果です。疲れた・不安でしんどい・なんだか悩んでしまう、そういった理由で眠れない方は、暖かいお風呂をためて自分の為だけのリラックスタイムを作ってみてください。

たかがお風呂と思うのではなく、疲労回復と睡眠という人間にとって健康に直結する大事なルーティンを築くための大切な分野と考えてください。そうすれば、そのあとは素敵な眠りが待っていると思います。

そんなお風呂を最高のものにするためにバスソルトにこだわったり、照明やアロマにまでこだわって団地の小さなお風呂を最高の空間に作り上げています。

腹式呼吸を意識

わたしが整体の先生から教えてもらったのは、腹式呼吸を意識することです。寝る前に布団に入ると色々と考えてしまうのではなく、おなかを膨らませて呼吸することと、吐くときに布団に自分が溶けていくようなイメージをもってゆっくり呼吸を繰り返すことです。

不思議と落ち着きますし、あれこれ考えずに気づいたら寝ています。

まとめ

お風呂やアロマ、ストレッチなど就寝前に良いルーティンを作ることが助けになるようですね。なるべく神経の高ぶりを抑えてリラックスできる環境を作ることです。興味深かったものは朝に日光を浴びて一日のサイクルを正常にすることも夜の快眠につながるということです。


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。


同ジャンル・関連ページ