空気が読めない性格で困った!大恥をかいた体験談!

恥をかいている女性

空気が読めない人っていますよね!・・・とかいって私もその中の一人なんですけどね♪もちろん自分勝手に生きたいって考え方は少なからず誰でも持っていますので、個人的な考え方として、その空気が読めない行動をしやすいかしにくいかは、自分軸か相手軸かによると思います♪

私の場合は好き勝手に生きるのも好きですし、言いたいことを我慢するのも好きではないので空気が読めない派に属する方だと思いますが?皆様はどっちだと思いますか?

そんなこんなで、今回はその周りの空気が読めなくて大恥、失敗をした体験談、その状況での周囲の反応等を口コミ体験談として集めさせて頂きました。今後の参考にして頂けたらと思います。

噂で聞いていたにも関わらず

恥ずかしいペンギン失恋で、傷ついた友達がいるとそれとなく噂で聞いていたにも関わらず、友達の集まりでカラオケに行った時に、その場のノリで失恋ソングばかりを選んで5曲も歌ってしまい、周囲からひんしゅくを買い大恥をかいてしまったことがあります。

結婚式という晴れ舞台で

私の情けない実話を語らせてください。人づきあいが苦手な私は友達も少ないし付き合いをも断るため、当然ですが誰かの結婚式という晴れ舞台に呼ばれることはまずありません。それはそれで結構なことなのですが、そんな私でさえもあれはまずかったという失敗がありました。

数少ない友人の、数少ない参列者の一人として招待されたのですが、あろうことか新婦の名前を忘れたまま挨拶の席に立ってしまったのです。当然場は静まり返りましたが、あの時ほど気まずい思いをしたことはありませんでした。

まさに空気が読めていないから巻き起こした失態でした。幸い、場馴れしていた司会が助け舟を出してくれてその場はしのげましたが、友人夫妻には本当に悪いことをしたと思います。

友人は「お前らしいよ」と笑ってくれましたが、怖くて奥さんの顔を見ることができませんでした。慌てて名前を教えてくれた司会の方に今でも感謝しています。

偉い方だと知らずに・・・

異業種サークルの立食パーティーで談笑していた時に、同じ年代なのでみんなとため口で会話をしていました。その中のメンバーの1人と同じように会話をしていたら、まわりのみんなが沈黙となり、おかしな雰囲気になりました。

実は、会話をしていた相手は、取引先の親会社の社長でした。しかし、その方は分かった後も笑顔で理解してくれて助かりました。

空気読めよ!

友達とプールに行く話があり、みんなで集まる機会がありました。その時に私はプールに行く日時を決めると聞いていなかったため、隣の友達と「秋には温泉行きたいねー。」と温泉の話をしてしまい、一緒に行く好きな女の子から「空気読めよ!」と叱られてしまいました。

皆が固まった勘違い

小学校低学年の時、恋バナを私は恋愛の話とは知らずてっきり魚の鯉の話だとばかり勘違いしていました。そして友達に鯉について話し始めたら、皆が固まりました。恥ずかし過ぎました。その後しばらく誰からも声を掛けられませんでした。今振り返れば、相当空気が読めない子供だったなと思います。

適当に笑って手を振って

みんなで声出しの練習があるということで、集まっていたところに、私一人だけ指示を聞いていなかったため帰ろうとしていました。みんながなぜか私の方をみて何か言っているので何だろうと思い適当に笑って手を振っていました。途中で私以外全員集まっていることに気づき、急いで戻りましたが、笑われて恥ずかしかったです。

一瞬にしてその場が張り詰めました

ちょっとした冗談で、その場にいない友人の失敗談をしゃべりました。LINEで告白するときに相手を間違えてしまって、結局そのままつきあうことになったけど、今はラブラブだという話でした。一瞬にしてその場の空気は張り詰めて、私は知らなかったのですが、その場にその子の彼氏さんがいたようなんです…。

終電まで行ってしまった!

照れている男性ある夏の日、気心しれた友達と飲んでいました。当時22歳でむちゃな飲み方をしていました。

完璧にできあがってフラフラおぼつかない足取りで電車に乗りました。その時に乗り換えの駅で友達はおり、僕はその際に「ほら、お前の降りる駅だぞ」と友だちの心配をできるレベルでした。

しかし時間差でパンチが届く焼酎等を飲んだせいか、かたや電車のまったり揺れる性能のせいか僕はうとうと夢のなかへ。気がつくとそこは終電でした。しかも車掌さんには終電ですよと言われる始末。

そう、そして明日は月曜日なので会社です。僕は駅の改札を出てその辺鄙さに落胆し、近くのネカフェに行って寝るという考えも失せ、ベンチで夜を越し始発で帰って出勤しました。この話をすると皆にあきれられるも、その後何度か同じ過ちを繰り返す僕でした…

空気を読めず失敗!

友人がとても可愛がっていたペットが先日、亡くなったのでしばらく話題に出すのは辞めておこうと言われていましたが、このあいだ犬をペットショップで買ったので、ついその話を友人の前で出してしまい、周りが引きはじめたのを感じ、空気をよめず失敗したことに気づきました。

気が大きくなって大迷惑

私は友人の誕生日に友人数名と渋谷のとあるクラブに行きました。お祝いということでその日は全員たくさんのワインのボトルを開けていた結果私は酔っ払い、気が大きくなってしまい知らない人にも絡みまくり、挙げ句の果てにはセキュリティに止められる騒ぎに。せっかくの誕生日会を台無しにしてしまいました。

痛い自慢話もほどほどに。

女子会をした時の出来事です。誰も訊ねてもいないのに、今身に着けているコートの自慢を勝手にしてしまい、更にそのコートは男性からのプレゼントだとちょっと得意げに言ってのけました。…その後、当然の事ながら皆の冷ややかな視線としらけた空気が場に流れ、すぐさま話題を変えられて、暫く私は何も発言出来ずに聞き役に徹する事になりました…。

若かったとは言え・・・

昔、社員旅行の夜の宴会の席で大恥をかいた事があります。宴会が始まって2時間程経ち、そろそろピークというところで社長夫婦とその息子がカラオケに登壇。騒いでいたみんなもその時はステージに注目し、拍手と合いの手で盛り上げていたのに、すっかり酒に酔って良い気分になっていた僕は、お構いなしに横になってビールを飲み続けていました。そこへ部長がツカツカとやってきて、僕の頭をスパーン!とはたき、酔いが一瞬で冷めました。まだ若かったとは言え空気を読めなさ過ぎで、苦笑いするしかない思い出です。

白い目で見られた!

学生時代帰りの会が始まっているのに私と友達とでおにごっこをしていてみんな座って先生の話を聞いている中、扉を開けていきなり入り、すごく大恥をかきました。その瞬間みんなからすごく白い目で見られとても気まずかったです。

理解できず最悪な気分に

昔、高校生の時に野球部で部活をやっていましたがチームメイトがスクイズを外してその後タイムリーヒットを打ったときに思わずチームメイトにナイスバッティング!スクイズなんか最初からいらないじゃん!と言ってしまいました。監督の指示や意図を理解せずに一人だけチームメイトに激励していた自分です。

監督には無言の圧力で睨まれて自分は打席に立って三打席連続三振してしまってその日の試合は最悪な気分になった苦い思い出があります。

レストラン選びで後悔!

以前友人と都内でランチをすることになって、私は以前から気になっていた韓国料理屋を提案しました。友人全員乗り気ではなく、いやいやな感じであるのはわかっていましたがいざ向かってみるとランチの時間は過ぎており、閉店していて友人に合わせる顔が無くなって大恥をかきました。

空気を読めず黙り込む

ショックを受けてる女性学生の頃、クラスメイトの友達10人と夜ご飯を食べに行く約束をしていました。どこで食べるか!?というお題になりそれぞれ案を出そうということで一人ずつ順番に発言することになりました。私は一番目で「バーミアン」バーミアンには最近行ってなくてすごい行きたかったんです!!

しかし、私の次の人から最後の人まで全員が「サイゼリア」…私は恥ずかしくて黙り込んでいるとクラスメイトが「なんだよー(笑)」とからかってくれました。

けっしてからかってほしかった訳ではないのですが、ただこの重々しい空気を和ませてくれたクラスメイトに感謝しています。

言わなくてもいい余計なこと

会社を辞めるときの送別会で言わなくても良いのに転職の理由とかをベラベラ喋ってしまい、同期だけなら笑って終わる話も先輩や後輩などいる場面で言う話ではないなと恥ずかしい気持ちになりました。そのあと冗談ですますためにとぼけたりしましたが、なんで余計なことを言ったんだろうと早く逃げたくなりました。

銀行カードローンにお世話になりました!

私は銀行カードローンの契約をしようとWEB申し込みしましたが、その理由はとても悲しい物でした。友達の結婚式で、着ていく服がなく、普段着に近いものを着ていったのですが、冷ややかな目で見られてしまいました。

立て続けにあとに買いあるので、銀行カードローンで契約をして、結婚式用の服、靴などを購入しようと思いました。空気が読めない性格に思われるって、結構悲しくなりますね。

空気を読めるようにする方法、気をつけていること

ポイントを指している女性

上記をみると皆さんいろいろと苦労しているみたいですね。社会で生きていく中で空気が読めないといけないような風潮がありますよね。私が子供の頃ってそんな言葉はなかったような気がしますが・・・

皆さんは会社や、学校などでどのようなことに気をつけて周りの人とコミュニケーションをとっていますか?

ここからは空気が読めず苦労したけれど○○に気をつけるようにしたら空気を読めるようになった、こういう努力をしたなど空気を読めるようになったなどの方法を記載していきます。

ちなみに、私は人の話をよく聞いて自分のことばかりにならないように気をつけています。私も集めた口コミ体験談を今後の生活に生かしていきたいと思っています♪

一人一人をよく知ること

OKサインの女性女性ばかりの職場に就職した約10年前、空気を読めずに怒られることが度々ありました。最初は怒られることに萎縮したり、心のどこかで「そんなに人に合わせる必要ない」という反発心がありましたが、それでは自分も含め誰のためにもならないと思い、まずは面倒くさがらずに職場の飲み会などにも積極的に参加するようにしました。

同僚や先輩の一人一人をよく知るようになると、不思議と相手のしてほしい言動がわかるようになり、ストレスも怒られることもなくなっていったので、空気を読めるようになったと言えるのかな、と思います。

肯定すること!

私がおすすめする空気を読めるようにする方法は「どんなに自分の意見と違っていても、まずは人の意見に反対することなく肯定すること」だと思います。自分の意見がどんなに正だと思っていても、周りの人とは違う場合もあります。

しかし、どの意見も正だということを忘れないでほしいです。私は一度職を離れて職業訓練校に通った時、ただ自分だけの意見で周りの人と話をした時、空気を読まないということで大変苦労したことがあります。まずは人の意見に同調することから始めてみてはいかがでしょうか。

苦い経験から私がしたこと

ポイントを示している男性空気を読めるようにするにはとにかくいろいろな人と関わり経験していくことではないかと思います。私も以前は空気が読めない人間であったと思います。もともと人と関わることが苦手で人見知りが激しかった私は、自分から話をしたり話題を作ることが苦手でした。

しかし、自分が好きな話題が振られると途端にはしゃいだりして、今思えば周りが引いていて空気を悪くしていたと思います。そんな苦い経験から、どういう人が好かれてどういう人が嫌われやすいのかを私なりに観察するようになりました。そうすることで、ありのままの自分でいい人もいればそれを良く思わない人もいる。

そうやっていろいろなタイプの人間がいることを知りました。このタイプの人はこういう傾向があるというのを理解すれば自身がどう振舞うべきなのかが何となくでも分かると思います。

私の場合は、そうすることで自身を知っていってある程度他人に合わせるようになれたと自負しております。空気を読めるようになるには自身をその場の空気に合わせることが出来るということではないでしょうか。

気付かない内に敵を作ったり・・・

空気を読むということは、みんなが笑顔でいられると言うことだと思います。昔は空気を読むと言う事がわからなくて自分の思った事をし、自分の好きなように発言していました。私の言葉に傷付き気付かない内に敵を作ったりしていましたが、大人になり社会人になり空気を読むと言う事が社会生活には必要だと言う事がわかりました。

私が行なっている空気を読んでいることは、相手の意見を肯定する事です。そうする事で笑顔になってくれると思います。

凍り付いてしまう

わたしはもともと、空気の読めない女でした。ついつい思ったことを口に出してしまう性格で、私の一言で、その場が凍り付いてしまう・・・なんてことはしょっちゅうでした。学生の時も社会人になってからもそうです。

このままでは人間関係が壊れてしまって私の居場所がなくなってしまう・・・と思い、何とか克服する方法はないかと考えました。

そこで私が実践したのは、口に出す前に一呼吸おく!ということです。一呼吸おいている間に私が思っているのとは違う空気になっていたり、誰かが私が思っているのとは違うコメントを言っていたり。

はじめは、つい口を出してしまいそうでしたが、慣れると大丈夫なものです。さらには聞き上手だね♪と言われるようになりました。

微妙なルールが支配している

わかっている女性子どもの頃、とても無口な子どもでした。学校に行って一回も口を開かないようなそういう子どもでした。だんだん成長するにつれ、ちょっとずつ話すことができるようになってきました。

ただ1つ困ったことがありました。対人関係では、明文化されていない微妙なルールが支配していて、そのルールを自分は知らなかったのでした。いわゆる「空気が読めない」ということかもしれません。だから、用事があれば用件は言えるのですが、雑談のような一見意味のない会話のコツがわかりませんでした。

まだ完璧に空気の読めなさを克服したわけではないですが、私が取った方法は文字での会話です。インターネットの掲示板に投稿したり、チャットをしたり、文字で会話しました。それで、対面での会話も上達したような気がします。インターネットのおかげで対人関係の困難が軽減されたのではないかと思います。

頭の中で想像してみよう!

友人同士の楽しい会話の中で、ふと自分の放った言葉が原因でシーンとなってそのまま会話終了、となることはありませんか?この様な空気読めない発言で会話を虚しく終了させてしまう人には、その会話の景色がちゃんと思い浮かんでいないことが多く、考えもなしに何気なく言葉を放ってしまうのす。

友人との会話を聞きながら頭の中で想像しましょう、そして「この一言を喋ったらその想像の場面が面白くなり会話が続くぞ!」と考えて発言をするのです。難しいと思う人に1つアドバイス、トーク番組でひな壇にいる芸人さんの発言を参考にしてみましょう。

面白いことを言おうとしてたけど・・・

昔は、一生懸命に気を使っているつもりでした。周りの人の会話についていくために必死で面白いことを言おうとしていました。沈黙でいることは退屈させることと勘違いをし、どうにか面白いことを言って場をなごませようとしていたのですが、それが空回りしていたのです。

さわがしいうざいタイプと思われて、敬遠されていることに気がついたときから、あまりしゃべることをやめて、回りの人の話をよく聞くことに徹することにしました。グループトークでは順番にそれぞれしゃべることが大事ということが読めてきてから楽になりました。

芸人から学ぶ方法

私が高校生の時、ある友人から「空気読めや」と喝!を入れられたことがありました。そのときは気にしていなかったが家に帰るとズシズシと「私は空気が読めないのか」自覚がなかったため心に重くのしかかってきました。

そこで、空気を読めるようになるためには何をすればいいかを考えた末に私が導き出したのがひたすらトークバラエティを見てしゃべりと空気を読むプロである芸人たちの話し方やテンポを頭に焼き付けて気を付けてみたところ、二度とその友人から「空気を読め!」と言われることはなくなりました。

言動を真似してみる!

元々余計な一言を発してしまったり気が利かない事が多くて悩んでいました。ですが、きちんと空気の読める大人な対応のできる人の言動を観察し、真似してみる事を思いついてからはそのような失態が少なくなりました。

普段から他人と接する事があまりなく、コミュニケーション不足が空気の読めない一つの要因ではあったので、とにかく人と話し、その人達の言動を真似してみる事でそれなりの接し方ができるようになりました。

空気の読める人間になる一番の近道、それは誰かの真似をしてみる事。そう強く実感しています。ネットでの交流ではあまり成長を感じられなかったので、リアル社会での交流をお勧めします。

やばいくらい読めていなかった・・・

昔からマイペースが持ち前だった私ですが、大人になるとマイペースというより空気が読めない人間という評価をされているような気がします。空気が読めない私が感じているくらいですから、他人から見たらやばいくらい読めていないのかもしれません。恐ろしいことです。でも就職して働くようになったら嫌いな人や苦手な人とも付き合っていかなければいけません。

自分の性格をなんとか改善したい!と思っています。最近心掛けるようにしていることは、私が話しているときに相手の目をしっかりと見ることです。目をしっかりと見ていると、微妙な感情の変化があったときにわかることがあるそうです。目を一瞬逸らしたり、眉間にしわが寄ったり・・・そんな変化から相手の感情を推測できるようになりたいものです。

訓練のつもりで、相手の感情を少しでもわかるようになりたくて常に心掛けています。ですが今のところ効果は全くありません。どちらかというと相手に目を逸らされていることが多いような気がします。やはり精神面でも何かを変えなければいけないのでしょうか?

周囲に合わせようとすると空回り

若い頃は、周囲に合わせようとすればするほど空回りしてしまって、余計な言葉を発しないように常に気を使っていました。そうすると人と会話するのが嫌になってしまうので、人に合わせる事も大切ですが、まずは人の話をよく聞くことから始めました

本当の話し上手な人は、聞き上手な人が多いと感じていたので、そう意識するようにしました。すると、自然と空気が読めるように変わっていったと思います。無理に上手く話そうとしなくても、人と程よい距離感で会話を楽しめるようになりました。

時にはゴマすりも必要

空気を読むという定義をしっかりと持つことが重要だと思います。では具体的には、どんなことでしょうか。「それは相手を不愉快にさせない」ということだと思います。

(特に目上の人)なんだかゴマをすっているように見えますが、時にはゴマすりも必要です。相手が仮に、今日は寒いよねという話を振ってきたとして、自分はさほど寒くないと思っても、相手を立てて寒いですね~とか言ってあげれば角は立たないと思います。これで空気読めないとは言われないはずです。

私も以前毅然とした態度をとってしまい苦労しました。

常に状況を把握しておく

空気を読むことは常に気を配っていることが基本なので注意力が必要です。最初に大事なのは自分の置かれている立場と役割をわかっていなければなりません。会議ではあるテーマで話が盛り上がっているときに突然関係ないことで割り込んでくると嫌な空気が流れます。

思いついたことをすぐにいうのではなく会話の流れや相手が求めていることを理解してから発言すれば空気を乱すことはなくなります。自分本位だけではなく常に状況を把握しておくことが大事です。

察して実行する事

子供の頃は天真爛漫な性格で自由に過ごしていましたが、大人になり空気を読む、と言うことが必要な時がある事に気付きました。空気を読むということは周りの人たちの顔色を伺い、自分を抑えみんなが笑顔になれる事を察し実行する事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です