【大評判】口コミ体験談で人気のお取り寄せの通販|ココカラで購入を!

誰でもできる短眠法|食事や運動や体験談で長い時間行動を!

寝ている女性

短眠法は食事や運動も大切です!

睡眠時間が増えた原因は?

最近眠い!睡眠時間が前よりも増えてきた!と思っている方も多いかもしれません。

ただ単に寝不足なら良いのですが寝ても寝ても眠たくなるという症状に悩まされる方も多いと思いますので、今回はそれらの多少の話をさせていただきます。

もちろん超大雑把で的外れの部分も人によってあるかもしれませんので、ご了承願いたいと思っております。

ねむい理由は色々ありすぎるので、全て説明ができませんが、一部では、内蔵機能の働きの低下も考えられます。

なぜ内蔵機能が低下して、短い期間のうちに眠くなりやすくなったのか?

もちろん年齢と共に回復力が落ちてくるので、睡眠時間が段々増えてくるのは仕方の無い事です。

しかし、突然眠くなりやすくなるということは、先ほど言った内臓の機能が落ちやすい状態もあり、その中の原因の一つで体内の毒素の蓄積量の増加も多少ですが考えられます。

人間は生きていく間に当然沢山の毒素も残念ながら吸収していきます。

たとえばですが、食べ物による食毒(農薬物質等)そして、精神によっての毒(いらいら、ストレス、過度のマイナス思考等による不安。

病は気からという言葉もあるように、心が病気がちな場合、身体に負担になるのでそれも毒素の一部と東洋医学の一部では考えられています。

それらの沢山の毒素がたまると当然内臓は自然治癒力が働かなければいけないので、脳の方の血液さえどれだけの量かは時と場合でもありますが、疲労回復のために、内臓のほうに移動をしていきます。

つまり、眠気の一部は内臓に血液が行き過ぎて、脳のほうにの血液が活動しにくくなる。内臓のほうに身体のエネルギーが行きやすくなる事も、今回の貴方の眠気の問題の場合もあるかもしれません。

もちろん、睡眠が好きで睡眠時間が沢山増えてしまう事もあるかもしれませんが。

上記にかかれたように眠気は沢山の問題が要因であり、簡単には解決は当然できませんし、万が一眠たすぎる事が多くて心配になるようでしたら、お医者さんに早めに相談をしてください。

短眠法を実践して長く活動したい!

短眠法を学んでできるだけ長い時間行動をしていたい!と考える人も少なくないと思います。一日の時間はみんな同じで24時間しかないわけですし、当然生きていられる寿命も限られるわけですし、年とっても活動的な生活をしたいと誰でも考えるものですよね。

そこで今回は口コミ体験談で人気が高い短眠法を集めさせて頂きました。健康に注意を払いつつ活動的に生活するヒントが隠されていることでしょう。

今後今よりも活動的な人生や多くの事を成し遂げていきたいという方は参考にしてみてくださいね。ちなみにこのページを作った私も短い時間だけ寝て生活する方法を利用しています。私の方法ですが、炭水化物を取りすぎないです♪

内臓に負担をかけると当然その分眠たくなりやすいので、その点はよく考えて食事のメニューや時間を決めています。

よく摂取する食べ物は、豆腐、納豆、黒ニンニク、レバー等を中心に無添加の発酵カシスとかですかね。ちなみにスーパーにいっても高くても安全で栄養価が良いものを購入するようにしています。つまり長期的に考えて健康でいられるかどうかというのが一つの購入の目安という感じです。

余談が長くなってしまいましたが、下記の体験談を参考に挑戦して頂けたらと思います。ただ、睡眠に関しては遺伝子などの影響も大きいというのが最近の研究では分かってきているそうですので、短眠が体に合う人も合わない人もいることを覚えておいてください。

☆ポイント☆

どれだけ寝るかという点だけでなく、眠りに入る時間もポイントです。ゴールデンタイムと呼ばれる回復期である深夜の時間帯にはしっかりと休息を取りたいですね。そして深い眠りにつけるように刺激物を取りすぎない、お風呂を有効活用するのも大切です。

刺激物を取らない

もともと夜更かしが多い生活ですが人に比べて睡眠時間が短くても大丈夫だとはおもっています。夜中に3時ごろに寝て7時ごろに起きても十分快眠できているので朝の目覚めは良い方です。起きてすぐに朝食も食べられるので家族からはうらやましがれています。

睡眠時間を短くするコツは眠くなるまでひたすら我慢することです。寝る前にパソコンをしないことやコーヒーなど刺激物を取らない方がよい、風呂にゆっくりつかって温めておいた方がよいとはいわれていますが、あまり関係ないです。眠くなるまでまっていればよいだけです。

ただし昼食後は睡魔に襲われるので20分ぐらい職場で睡眠をとっています。短時間の睡眠で眠気が取れているのでいいリズムになっていると思っています。寝たい時には短く寝るというのが私のスタイルとなっています。もちろん寝れないような時もありますけど、極力少しでも休むようにしています。

良質な時間となるように、職場にもクッションをもっていて短眠でも気持ちよくできるようにしています。腕枕用のクッションがあるのでおすすめです!昼寝はその後の生産性に大きくかかわってくるので快適にできるようにするとだいぶ違いますよ。

健康のために

私が美肌の為に行ってることとして、お肌のゴールデンタイムに寝ることを意識してます。お肌のゴールデンタイムの夜の10時~2時に寝れるように、あまりテレビを見ないことを意識してます。

テレビを見始めると、面白くてそのままずっと見てしまい、あっという間に深夜ということを珍しくないので、見始めた時間だけでなくいつになったら終わるのかを意識するようにしてます。またお肌のために豆乳をよく摂るようにしています。おやつに豆乳クッキーを食べたり、朝起きたら豆乳を飲んだり、スターバックスでお茶をする時にはソイラテを積極的に飲んでいます。

お肌にいいことはそこまで難しいことをしなくてもできるので、これからも積極的にしていきます。朝は3時に起きるので良い短眠だとおもいますよ。長く続ける秘訣は決して無理をしないことです。

疲れているときはもっと長く休んでいたり、昼寝をしたりと工夫をしてます。健康を保つことが一番活動的で生産的になれることなので、健康第一でやってみてください。短眠の目的は健康を保ちつつ一番活動を増やすことですので、食事や運動とも連携させることも大事です。

高須クリニックの院長がテレビか何かで、美肌のコツは睡眠と紫外線対策と保湿だと言っていたので、ゴールデンタイムにはしっかりと寝て保湿クリームをせっせと塗るようにしています。

枕を2つ重ねて斜めに

私はよく短い休憩を取ります。ベッドで短眠を取ろうとするのはかなり至難の技だと思います。そこで考案したのが、半分座って寝るという寝方です。使用するのは枕2つと大きめのぬいぐるみです。

まず、大きめのぬいぐるみを壁側に置きます。次に、枕を2つ重ねて斜めに立てかけておきます。これだけなんです!あとはアラームをセットしたら終わりです。できれば少し暗めの環境の方がいいですね。

枕を2つ重ねることでクッション性がアップして、体を委ねることが十分可能なので、体が痛くなることはないんですよ。私はこの方法でちょっとした昼寝の際にも寝坊したことがありません!数時間で起きなければならないときもこの方法を実践してます。

短い時間で集中して睡眠をとってしっかりと疲れを取るためには、寝心地の良さも考えないといけないので、クッション性はとても大切です。

他にはあまりスペースを取らないで置いておけるかどうかも大事かなと思っています。場所を取るようなものになっちゃうと、ちょっと仮眠という感じではなくなってしまいますのでね。

睡眠は美容にも欠かせないのでしっかり寝る時間を取ることも大事だと思います。ですので自分の体調やリズムを考えて計画的に行うのはよいと感じています。

光や音が入らないように

短い間だけ眠るようにすれば時間の有効利用になるでしょうが、あまりおすすめできることではないように思います。かつてナポレオンは一日四時間しか睡眠しなかったといわれましたが、後に異論も出ています。わたしは五十代の年齢ですが一日六時間はなかなか寝られません。

睡眠と健康は一般的に比例関係が成り立つと思われます。実際成長過程にある子どもは睡眠を多く必要としています。やはり体の細胞が生まれ変わり若さと健康を保つにも寝る事は大切だということではないでしょうか。

それでも短眠を実行するとしたら中身の濃い睡眠で時間を短縮するということになると思います。寝つきまでの時間を少なくするのも有効ですが、酒や薬では起きるのが大変になります。

一番いいのは、光を入らないようにするのと音が入らないようにすることだと思います。それと疲労していれば早く眠りに入れて短眠を実行できると思います。

逆に目覚めをよくするには光に当たるといいらしいので、夜明けに合わせて光が入るようにすれば気持ちの良い目覚めが期待できるのではないかと思います。そ

ういう点では遮光カーテンとかしっかりとした環境作りから始めることです。

また心地よい睡眠とするためには、枕の出来が大事だと思うので、ちょっと高くても首に負担がかからない自分に合ったものを探すのもいいと感じます。

野菜の持つ自然のパワー!

最近興味があるのは健康のこととか節約の事とか、食事のレシピとかですね。やっぱりいつまでも長く生きていきたいですし、健康であれば喜びも大きいだろうから、今から健康に役立つことをきっちりと習慣にしていかないといけないなと思っています。

特に注目しているのはたんぱく質を取ることと野菜の持つ自然のパワーです。野菜ってすごくないですか?人間に必要なビタミンとかミネラルとか色々と含まれていますよね。野菜とタンパク質を上手にとっていれば、かなり健康な体を維持できるといわれていますよね。

もちろん外食や加工食品は便利なんですけどね。これからは加工食品ではなく自然のパワーに頼ろうかと思っています。そんな感じで野菜のこととかタンパク質を楽に取る方法とかを勉強しています。

お昼寝枕ってみなさん知っていますか?

どんなものかというと、机の上において、この枕の中に腕をいれ、頭を枕にいれるというかんじです。わかりますかね??よく学生時代とか机の上に突っ伏して寝てたりとかしたじゃないですか?

でも起きると腕はしびれるし頭には腕の痕がつくしで寝たこと丸わかりみたいな感じになりますよね。

でもこの枕があれば腕はしびれないですしあたまも本当に柔らかい生地に包まれるような感じでかなり心地よいんです!

なんでこの枕を知ったのかというと、職場の同僚がつかっているからです。もちろん職場によっては昼休みといえどもデスクで寝るなんてもってのほか!と怒られる会社もあるのかもしれませんが、うちはそんなことは自由という感じなのです。

同僚が使っていつも10分くらいそれで寝ているのが気になっていたのですが、こないだついに「貸してください!」といって借りてみたらメッチャ気持ちいいんですよ!

それ以来わたしもほしいと思って、アマゾンとかヤフーショッピングでかわいいのを探しています。10分だけでも寝れたらだいぶ違いますもんね。何とか快適な昼休みを過ごせるように思案中です。

☆まとめ☆

中身の濃い睡眠をとるための方法はぜひとも実践していきたいですね。人によって睡眠のとり方は異なることも考えて自分にあった無理のない方法を考えるのがベストといえそうです。


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。


同ジャンル・関連ページ